サバイバルマンガ特集
ハラハラドキドキが止まらない!「極限」が描かれた衝撃のサバイバルマンガをご紹介!
イッキ読み間違いなしの作品が勢揃いです!!

GANTZ


何のために、誰のために・・・なぜ戦うのか?
極限のSFアクションコミック

サバイバルマンガ特集
【おススメコメント】
一度死んだはずの人間達が、閉じ込められたマンションで、謎の黒い球(ガンツ)から指令を受ける。拒否は出来ず、逃げれば死ぬ。戦う相手は得体の知れない「星人」。逃げることの許されない極限状態が続く、手に汗握る展開だらけの究極のサバイバル。予測不能の展開とCGと手描きを融合させた先鋭的な作画スタイルで描かれる、極限SFスペクタクルアクションです。

サバイバルマンガ特集


GANTZ
奥浩哉(集英社)


アイアムアヒーロー


ダメ男・英雄はヒーローになれるのか?
衝撃のサバイバル・ワールド

サバイバルマンガ特集
【おススメコメント】
鈴木英雄。35歳。漫画家のアシスタント生活。妄想の中でしか現実に勝てずにいたある日、謎の感染病により、周囲の人々がゾンビのような食人鬼と化す。恋人や仕事仲間も犠牲となった世界で、パニック拡大と秩序崩壊へと覆われるパンデミックの中、英雄は果たして「英雄(えいゆう)=ヒーロー」となり得るか。平凡な日常の崩壊を描いたサバイバルホラーです。

サバイバルマンガ特集


アイアムアヒーロー
花沢健吾(小学館)


戦渦のカノジョ


崩壊する日常。戦争と青春が交差する、
勇気と絶望のサバイバル・グラフィティ!!

サバイバルマンガ特集
【おススメコメント】
修学旅行先の京都で突如、天空から無数の「流星群」が降り注ぎ、世界は一変。僕らが付き合い始めたその日、日常は崩壊し、日本は破滅へと向かった…。めまぐるしく変化する状況と、繰り返される悪夢。彼らの旅の先に待っているのは、果たして明るい未来か、それとも絶望か。一度ページをめくれば虜になること間違いなしの作品です。

サバイバルマンガ特集


戦渦のカノジョ
冨澤浩気(講談社)


アポカリプスの砦


監獄を舞台に災厄が最悪を食む!
不良達のサバイバルパニック・ホラー

サバイバルマンガ特集
【おススメコメント】
ある日、無実の罪を着せられて無期懲役の判決を受ける前田義明。関東中の不良が集まる無秩序と暴力の世界の青少年矯正施設・松嵐学園で、突如発生したゾンビたちに襲われ…。死してなお歩くバケモノたちが蹂躙する世界。全人類最後の希望は、不良たちに託される。迫力のあるゾンビ描写と、不良たちのド派手なアクション。読んでおいて損のない作品です。

サバイバルマンガ特集


アポカリプスの砦
蔵石ユウ|イナベカズ(講談社)


自殺島


死ねなければ、生きるしかない。
生きる事を問う極限のドラマ

サバイバルマンガ特集
【おススメコメント】
日本近海の孤島を舞台に、政府によりこの島に送りこまれた自殺未遂常習者達が、命の意味と向き合いながら生きていく物語。死にたい…でも死にたくない。葛藤の中で迫られる命の選択。「生きる」という壮大なテーマに真っ向から問いかける、極限のサバイバルストーリー。読み進めるうちに不思議と生きる力が湧いてくる作品です。

サバイバルマンガ特集


自殺島
森恒二(白泉社)


ハカイジュウ


狂気と絶望が映し出す戦慄の地獄絵図
最凶都市型モンスターパニック!

サバイバルマンガ特集
【おススメコメント】
東京・立川。鷹代陽はバスケに打ち込む普通の高校生。その日も順調な一日を送るはずだったが、突然、大地震に襲われ、崩壊した学校の中で陽は同級生たちの死体の山を目撃。そして、ソレらに喰らいつく未知なる怪生物が…。「絶望」という言葉はこのマンガのために存在するのかと言いたくなるほどの衝撃です。圧倒的な画力とハイスピードな展開に魅了されること間違いなしです。

サバイバルマンガ特集


ハカイジュウ
本田真吾(秋田書店)


コチラもおススメ

その他の特集を見る


サバイバルマンガ特集