横浜駅SF
<SF編『横浜駅SF』+『横浜駅SF全国版』1>

作品はこちら




登場人物


横浜駅SF

Tさん・男性
サッカーとアイドルを愛する30代。
SFをかじっているため、かなりナナメな発想。

横浜駅SF

Kさん・女性
金田一少年の事件簿がマイベストコミック。つまり大量殺人ミステリーのマニア。

横浜駅SF

書店員Oさん
<ブックパス>の超ノーマルな書店員かつSF指導員。

「読みたくない女の落とし方」


Kさん、Kさん、このあいだ貸した『横浜駅SF』、読んだ?
あ、今週、ちょっと仕事が詰まってて、まだ。SFって設定を理解するのが問題でしょ。
じっくり時間があるときに、ゆったりした気分で、他になにも予定がないってわかったときが、読み頃よね。
そういう言う人は、99パーセント読まないです(汗)。
ちょ、こんなに単純な話、イーガン(海外SF作家のチョー巨匠)作品に比べたらラノベみたいなもんだよ。横浜駅が膨らんでいくだけなんだから。
ざっくりいうと、その“横浜駅”が膨らんでるっていうのが、わからないわけ。横浜駅って生き物じゃないし、なぜ膨らむ必要があるのよ?
横浜駅がAIを持ったロボットに変身しているって思ってもらうと、いちばんわかりやすいですね。そのロボットは自己増殖を続けて、どんどん広がっていって、本州を覆ってしまったんですよ。
話のポイントは、Kさんも疑問に思っている「なぜ横浜駅が膨張しているのか?」ってところです。それを、駅の外側に暮らしている青年が探索しに潜入する。
あと、この話が面白いのは、現在の駅やJRのネタを元に遊んでいるところでさ。エキナカ世界は、今の俺たちの世界が反映されてるわけ。
未来の<Suika>とか<18きっぷ>って、どういう意味で使われてるか、読んでみてよ。笑えるから。
そういうネタ話は好きだけど、未来の横浜駅ねえ……だいたい、なんで『横浜駅SF』なのよ。『SF横浜駅』でもいいじゃない?
また、話をそらすっ!(笑)
しかたがない、奥の手を使おう。(Tさん、スマホをいじりだす)じゃ~ん! 『横浜駅SF』、コミカライズ版も出てます!
うそ! それ、早く言ってよ!? すげえ~!
元の『横浜駅SF』がヒットしましたから、コミカライズされて当然ですね。そして、小説の続編『横浜駅SF・全国版』も発売されました。あとは、Kさんに全部読んでいただけば、問題ありません。
さあ、リラックスして、口を開けて力を抜き、一気に飲み込むんですよ。そんなに痛くありませんからね(微笑)。←どうした

次回予告


Kさんコミカライズの情報でスキを見せる。
素直に大チャンスです!

作品はこちら


  • 柞刈湯葉|田中達之(KADOKAWA / 富士見書房)

    日本は自己増殖する<横浜駅>に支配されていた。Suikaで管理されるエキナカ社会
  • 柞刈湯葉|田中達之(KADOKAWA / 富士見書房)

    駅監視システムとの情報戦に挑む『京都編』横浜駅の崩壊と再構築を観測する『群馬編』
  • 柞刈湯葉|新川権兵衛(KADOKAWA / 角川書店)

    外界出身の主人公・ヒロトの旅を描く、話題沸騰のSF大作がコミック化

バックナンバー

横浜駅SF