横浜駅SF
<SF編『横浜駅SF』+『横浜駅SF全国版』>

作品はこちら




登場人物


横浜駅SF

Tさん・男性
サッカーとアイドルを愛する30代。
SFをかじっているため、かなりナナメな発想。

横浜駅SF

Kさん・女性
金田一少年の事件簿がマイベストコミック。つまり大量殺人ミステリーのマニア。

横浜駅SF

書店員Oさん
<ブックパス>の超ノーマルな書店員かつSF指導員。

「ところで『横浜駅SF』ってなに?」


Kさん、Kさん、持ってるの『横浜駅SF』じゃん。読んでるんだ!
なによ、ススメたの、あんたでしょ
うまくいきましたね、Tさん?
アタリがつよい、、。で、どう、おもしろいっしょ?
まあ、思ってたよりもわかりやすいのは確かね。“SF”なんてつけるから、こっちも構えちゃったのよ
“SF”をつけないと、ただの『横浜駅』で、わけわかんないですって
イカれた未来世界が、楽しいでしょ?
自己増殖して日本の本州を覆ってしまった“横浜駅”と、それに絡んでくる“Suika”や“18きっぷ”といったギミック。
よく考えるよな~って思う。そこに潜入する、外の世界の兄ちゃんが、またたよりなくて良い
駅構内とエレベーターがどこまでも続いている世界って、通勤しているあたしらには悪夢だけどね。
エレベーターで一気に遠距離に移動できるってアイデアは気に入った
異世界探索ものっぽい構成になっていますから、ラノベの異世界もの好きにもお勧めしたいですね。
魔法の代わりに狂ったテクノロジー、モンスターの代わりに“駅”という怪物。“スイカネット”っていう『ターミネーター』のスカイネットみたいなものも出てきます。
そういう細かい遊びを拾うのも楽しいですよ
読み終わってからは、お待ちかねの『横浜駅SF』のコミカライズにいってみようか!
え~、なんで、、。あたし、小説よりも、そっちがいい~!
ダメですよ。小説版を読んだあとでコミカライズを見れば、さらに“横浜駅”の迫力や不気味さを理解できるように作られているんですから

次回予告


うだうだ言いながらも、『横浜駅SF』 を読むKさんはかぁいいナァ!
次回いよいよ最終回! Kさんの評価は果たして!?

作品はこちら


  • 柞刈湯葉|田中達之(KADOKAWA / 富士見書房)

    日本は自己増殖する<横浜駅>に支配されていた。Suikaで管理されるエキナカ社会
  • 柞刈湯葉|田中達之(KADOKAWA / 富士見書房)

    駅監視システムとの情報戦に挑む『京都編』横浜駅の崩壊と再構築を観測する『群馬編』
  • 柞刈湯葉|新川権兵衛(KADOKAWA / 角川書店)

    外界出身の主人公・ヒロトの旅を描く、話題沸騰のSF大作がコミック化

バックナンバー

横浜駅SF
横浜駅SF