こうして死ねたら悔いはない

価格:571円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

■内容紹介
死と向き合った時、「生きる力」が湧いてくる。

難病と闘いながら周囲を励まし続けた電気技師。
命と向き合ってあえて「治療しない」ことを選んだ看護師。
亡くなる1週間前にハワイ旅行の念願を遂げた女性。
余命を知って最後の大仕事に挑んだ写真家。
永年のライバルへ「仲直り」の挨拶をして逝った男性――。

最先端医療を担う外科医から、老人ホームの医師へと転身した著者が出逢った数々のいのちのきらめきが、私たちに「生きる力」を与えてくれる。
「どう死ぬか」は「どう生きるか」と同じこと。「そのとき」のことを真剣に考え、さまざまな心の準備を整えておくことは、死への恐れを和らげ、自分のいのち、人生に対する覚悟を定める。
老衰末期における苦しまない自然な最期として「平穏死」を提唱した医師が、人生と医療のかかわり方、そして満足して生を締めくくるための生き方を提案する。

■著者紹介
石飛 幸三(いしとび こうぞう)
特別養護老人ホーム・芦花ホーム常勤医。
1935年広島県生まれ。1961年慶応義塾大学医学部卒業。外科学教室に入局後、1970年ドイツのフェルディナント・ザウアーブルッフ記念病院で血管外科医として勤務。1972年東京都済生会中央病院勤務。30年にわたって頸動脈内膜剥離術など血管外科の発展に寄与する一方、慶應義塾大学医学部兼任講師として血管外傷を講義。1993年東京都済生会中央病院副院長。2005年12月より現職。診療の傍ら、講演や執筆、メディアを通して老衰末期の看取りのあり方についての啓発に尽力している。著書に『「平穏死」のすすめ 口から食べられなくなったらどうしますか』(講談社)、『看護の時代 看護が変わる医療が変わる』(共著・日本看護協会出版会)、『「平穏死」という選択』(幻冬舎ルネッサンス新書)などがある。

同じ著者の作品

「平穏死」を受け入れるレッスン

石飛幸三

「いつまでも生きていてほしい」けれども、「できるだけ楽に逝かせてあげたい」。悩む家族のジレンマにベテ…

平穏死という生きかた

石飛幸三

こんなにも安らかで、優しい死があったのか!? 逝きかたを覚悟してから、本当の人生が始まる 自分の人…

家族と迎える「平穏死」

石飛幸三

「このままでは危険です」と言われたらどうしますか?介護現場の「声」から見えてくる、何もしない洗濯は、…

「平穏死」のすすめ 口から食べられなくなったらどうしますか

石飛幸三

延命治療の限界と安らかな最期とは

「平穏死」という選択

石飛幸三

「看取り」の第一人者が提唱、無理な延命治療をしない自然な最期の迎え方