読み放題

お父さんたちの好色広告

価格:450円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

味わい深き、昭和エロ広告の迷文句大全集

 高度経済成長を支えた昭和のお父さんが、妻や娘に内緒でこっそり楽しんだ“オトナの雑誌”。その片隅にひっそりと掲載されていた「エロ広告」には、あやしくも胸ときめく性商品が並んでいた。溢れる期待に心躍らせ、商品を購入するとがっかり。けれどまた、うっかりとお金を払い込んで……。
 本書は、昭和の欲情史をたどる、酔狂極まる学術本である。昭和20年代から50年代にかけての好色広告を多数掲載。扇情的で思わせ振りな文章と、ぼやけた写真が特徴の傑作エロ広告を解説する。また、著者が新規に書き下ろした「電子書籍のあとがき」も収録。

第1編 昭和五十年代の好色広告
 エロ広告は“思わせぶりの文学”なのだ
 ダッチワイフ幻想
 大人のオモチャ総本山
 本場モノの甘い罠
 愛用者のナマのお声
 隣の「アソコ」ちゃんたち
 よりナマっぽいエロヘの渇望
 最新科学機器への憧れ
 男性の悩みはいつも同じ

第2編 昭和二十~四十年代の好色広告
 エロ広告でお父さんはガンバッた
 大仰なる秘技の性典
 猟奇さん、いらっしゃい
 パンティ大祭
 日本語の正しい使い方
 熱き迷コピー「青春社」
 味わい深き、桃色文句
 ナンダか不可解な誘惑
 魅惑の商品群
 元祖ブルセラ
 珍と名の付くエッチ事情
 動いているエッチが見たい
 「白黒」舶来ばんざい
 やはり悩みはイチモツ
 コラム1 発掘!好色広告研究家
 コラム2 昭和二十年代の漫画

番外編 関西ストリップの好色広告
 嗚呼、狂乱の関西ストリップ

●唐沢俊一(からさわ・しゅんいち)
1958年、北海道生まれ。作家、カルト物件評論家、コラムニスト。ベストセラー『トンデモ本』シリーズを生んだ「と学会」の創設メンバー。従来の学問体系からこぼれ落ちたB級知識をクローズアップし、多くの読者から支持されている。『古本マニア雑学ノート』(幻冬舎)、『トンデモ怪書録』(光文社)、『笑う雑学』(廣済堂出版)、『裏モノ日記』(アスペクト)、『スコ怖スポット』(ごま書房新社)など著書多数。テレビ・舞台への出演、作・演出など活動は多岐にわたっている。