アンデス 食の旅

価格:700円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

ジャガイモ、トウモロコシ、トウガラシ、トマト、インゲン等々、今や私たちの食卓に欠かせない中南米起源の野菜や穀物を、ルーツの地で人びとはどのように改良し利用してきたのだろうか。海抜五〇〇〇メートルを超えるアンデス高地からバージエと呼ばれる谷間地方、そして低地のアマゾン流域まで、特異な食材と料理、酒を求めて探訪し、知られざる食の文化を初めて紹介する。

同じ著者の作品

カラー版 マチュピチュ-天空の聖殿

高野潤

インカ帝国が未来にのこした世界遺産マチュピチュ。太陽、虹、霧、風に包まれた永遠の聖殿は、いまなお謎と…

アマゾン源流生活

高野潤

川釣りと現地料理の愉楽、毒ヘビや風土病、暴風の脅威・・・。熱帯雨林は楽園か、魔境か。

アマゾン源流 「食」の冒険

高野潤

アマゾンに生きる人々の栄養を支えるバナナとユカ、ピラニアやピラルク、巨大ナマズなど多種多様な魚とその…

インカの食卓

高野潤

インカ帝国時代、人々はどのような植物と出会い、何をどのようにして食べてきたのか。約四〇年、アンデスや…