殉国と反逆 「特攻」の語りの戦後史

価格:3400円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

敗戦後、『きけわだつみのこえ』『雲ながるる果てに』『あゝ同期の桜』など数多く出版されてきた特攻隊にまつわる遺稿集とその映画から「特攻」表象の歴史的変容を読み、「特攻」が「反戦」「犬死」「忠誠」「殉国」「反逆」と多様な語られ方/読まれ方をしてきたプロセスを追って、戦後日本のナショナリティと「戦争の語り」の限界と可能性を照射する。

同じ著者の作品

「戦争体験」の戦後史 世代・教養・イデオロギー

福間良明

悲劇として語られることが多い「戦争体験」。だが時代や政治は、様々に歪め、利用してきた。戦後社会で論争…