おいらくの人生

価格:300円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

老いて益々夢を、その気持ちを大切に「何をするのかではなく、どのように生きるか!」その半生を放送記者として生きた著者が、退職後の自らを省みて、「おいらく」をどう生きるかを考察したエッセイ。近年取り沙汰されている高齢のストーカーの話や老人ホームでの恋愛の逸話など、現代世相を鋭く描く。

同じ著者の作品

昭和かわら版

宮田達夫

MBS元放送記者が、現役時代に取材を通じて目撃した事件・事故・世相・風物・芸能など、さまざまな事実を…

夢のアイランドは向う側

宮田達夫

ベルバラ全盛時代の宝塚歌劇団。あの時あのスターは、こんな事を考えていた。元放送記者である筆者が番組取…

五線紙の街

宮田達夫

ハイカラ神戸といわれた全盛期に神戸文化の渦を巻き上げていた飲んで語り合う集団「バーボンクラブ」。おし…

生きる・不良少女風典子の場合

宮田達夫

不良少女風の典子が初老の夫婦との交流を通じて、怠惰な生活から抜け出し、自らの力で生きて行く術を身につ…