図譜 和更紗の文様 紫紅社刊

価格:1200円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

さらさ、じつに清涼な響きをもつ言葉です。更紗、この文字もまことに姿がよく瀟洒 (しょうしゃ) です。ジャワの古語「サラサ」(花の模様を撒く) からきたといいます。
インドで生まれた華麗な色彩の木綿布は、室町の末期に日本にもたらされ、鮮烈な赤系の色と異国情緒な文様で、人々を驚かせました。江戸時代になると舶載品を模して、京都や堺、長崎、鍋島を中心に「和更紗」がつくられ、その技術も意匠もしだいに巧緻 (こうち) をきわめていくのです。
文様の万華鏡というべき「和更紗」の魅力を本書に集成しました。

同じ著者の作品

日本の色を知る

吉岡幸雄

日本にはこんなに豊かな色彩があった! 季節で読み解く色の歳時記

王朝のかさね色辞典 紫紅社刊

吉岡幸雄

襲の色目240色を完全再現本書は江戸時代の色刷木版書「薄様色目」を復元する形で、和紙を植物で染め、王…

型紙型染ベストセレクション 吉岡コレクション 紫紅社刊

吉岡幸雄

本書は染織研究家吉岡常雄氏が長年にわたって収集を続けたコレクションより選りすぐって構成した。This…