南大東島

価格:300円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

沖縄の人々の間で古くからウファガリ島と呼ばれた南大東島。 周囲は針を植えたような岩壁、内部は鬱蒼とした密林で、人間の入った形跡はまるで見られない。そんな「南大東島」の開拓から、甘蔗栽培と製糖を主産業とした砂糖一色の島の歴史を、登場人物の一人一人を語り部としてまとめた秀作。

同じ著者の作品

郷愁の海‐南方定点

近藤精一郎

島国日本の気象観測網の不備を補い、気象予報の的確性のため設定された一孤点、南方定点。海と空と水平線が…

虚像の軍師真田幸村

近藤精一郎

柔和な人柄とはうらはらに、戦場では目ざましい戦いぶりを見せた真田幸村。大阪夏の陣で家康を窮地に追い詰…

北方定点

近藤精一郎

気象技術者として激動の時代を生き定年退官した主人公が、余生を探ろうと思い立った三陸海岸への旅で、戦前…

織田信長の思考法

近藤精一郎

織田信長は、実は辛抱強い人物であり、猪突猛進型のように見えて、極めて緻密な計画性の持ち主であったとい…

マーカス島

近藤精一郎

敗戦によって米軍のローラン基地となった「マーカス島(南鳥島)」の沿革と戦後の推移を辿りながら、一組の…

海の痣

近藤精一郎

伊豆諸島南方の孤島、鳥島。無人の島に生息する天然記念物アホウドリの子育てや、ヤマネコに襲われた雌鳥を…