読み放題

胎内余罪

価格:450円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

遠い過去の薄明の彼方からよみがえる、恐ろしくもどこか甘美な記憶の断章

 精神科医・有坂周平の前に現れた岡元ゆず子は、自分には双子の妹がいて、小さい頃事故で死んだ、と告げて消えた。その後、作家・並木亜砂子の担当編集者となったゆず子に、亜砂子は幼い頃の記憶に触発される奇妙な懐かしさを感じた…。突然ふたりの前に現れたゆず子の奥深くに隠された記憶は、何を告発しようとしているのか。長篇サイコ・サスペンス。

●新津きよみ(にいつ・きよみ)
1957年、長野県生まれ。青山学院大学卒。旅行会社、商社のOLを経て、88年に作家デビュー。『最後の晩餐』『意地悪な食卓』(角川ホラー文庫)、『手紙を読む女』(徳間文庫)、『記録魔』(祥伝社文庫)など著書多数。『正当防衛』『匿名容疑者』『生死不明』『トライアングル』はテレビドラマ化、『ふたたびの加奈子』は『桜、ふたたびの加奈子』として映画化された。

同じ著者の作品

時効を待つ女

新津きよみ

〈あのとき〉の事件がいまになって思わぬ姿をみせる「落ち穂拾い班に入ったぞ」久しぶりに早く帰宅した夫が…

夫以外

新津きよみ

わたしの人生は充実する、あの夫、あの親族さえいなければ。”夫以外”をテーマに、アラ50女たちの日常に…

星の見える家

新津きよみ

安曇野で一人暮らしをする佳代子。病気がちの弟のため、家族で引っ越し、ペンションを始めたのだが、体調が…

三世代警察医物語

新津きよみ

東京の大学病院に勤める内科医の望月美並。長野県の大町市で開業医をする元警察医の祖父の元に帰る途中、乗…

彼女の時効

新津きよみ

夫をひき逃げで失った浅井久子。夫の命日に事故現場を訪れた彼女の前に現れたのは、交通事故がきっかけで殺…

トライアングル

新津きよみ

自分自身の人生を生きていますか?

ただ雪のように

新津きよみ

「鏡よ、鏡・・・・・・」おとぎ話をモチーフに等身大の女性心理を描く意欲作!

フルコースな女たち

新津きよみ

短篇小説の名手・新津きよみがおくる、極上の料理ホラー集。

指先の戦慄

新津きよみ

「大丈夫よ、私がいるかぎり」愛情が恐怖に変わるとき――

信じていたのに

新津きよみ

拾得物、離婚調停、時効・・・・・・。身近な法律が照らし出すドメスティック・ホラー!