40文字でわかる 銃の常識・非常識

価格:399円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

「拳銃はどのくらいの距離まで当たる? 」
「防弾チョッキで銃弾は本当に防げる? 」
「プロから見て、映画の主人公の銃の撃ち方は本当に正しい?」
「ショットガン vs サブマシンガン 突然の遭遇戦で強いのはどっち?」

元陸上自衛官が、銃の素朴な疑問をわかりやすく解説。

この1冊で、拳銃からアサルトライフル、スナイパーライフル、マシンガン、サブマシンガン、ショットガン、弾丸が一気にわかる!
写真・図134点収録!!

例)
[Q]映画のように走りながら撃って当たる?
[A]銃の照準はわずかな揺れでも乱れる。心臓の鼓動だけでも体が揺れて命中率に影響すると言われるほどだ。なので、走行中に撃っても、素人・凡人ではまず当たらない。
それでも、特殊部隊員なら、10メートル程度の距離であれば、走りながら撃って敵の頭部に命中させる。

[Q]車のドアや死体で銃弾を防げる?
[A]アクション映画では、車のドアや机、死体などを楯にして銃撃戦が繰り広げられる、といった描写がある。しかし、結論から言えば、それらは“きれいに”貫通するので、遮蔽物としての防護効果はほとんどないと言ってよい。
オフィスの中なら、ギッシリと中身が埋まった本棚は意外と有効な遮蔽物となりうる。

同じ著者の作品

40字要約でわかる 兵器の常識・非常識

あかぎひろゆき

・空爆だけで、敵国を屈服させられる?・敵戦闘機にロックオンされたら、どうやって逃げる?・現代の軍艦は…

元自衛官しか知らない自衛隊装備の裏話

あかぎひろゆき

本書は元陸上自衛官が、制服からこまごました装備品について、こまごまと解説していく本。

戦車男入門

あかぎひろゆき

元陸上自衛官が語る、「戦車乗り=戦車男」に焦点をあてた1冊