さらっとドヤ顔できる 草花の雑学

価格:250円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

「アサガオは、実は朝が分かっていない!?」
「葉で尻を拭いたので、フキという名になった!?」
「ライオンも殺す植物がある?」
「樋口一葉の「葉」は何の葉?」 など

草木にまつわる“思わず誰かに教えたくなるような話、知っているようで知らない話、知って得する話”を147本収録!

■著者略歴
北嶋廣敏(きたじま・ひろとし)
文筆家。福岡県生まれ。早稲田大学第一文学部卒。短歌・美術の評論でデビュー。古今東西のさまざまな文献に精通した博覧強記の読書人。面白くてためになる雑学系の著書は多くのファンを魅了している。

主な著書に、『知識ゼロからの大江戸入門』(幻冬舎)、『「右」と「左」の面白ネタ事典』(PHP研究所)、『日本の「初!」雑学事典』(三笠書房)、『雑学帝王500』(中経出版)など。

■目次
【第一章 草花の雑学】

▼草花の面白すぎる話
1 「青蛙足砂摺極紅糸狂唐花咲」つて何の花?
2 毋の日の花はカーネーション、では父の日の花は?
3 ヒガンバナとスイセンの共通点とは
4 白い花が白く見える本当の理由
5 植物も触られると感じる
6 世界最大の花を咲かせる植物は生殖に専念
7 「我慢できない」という名の植物とは
8 『万葉集』でもっとも多く詠まれた花は
9 品物のクッション材に使われた草とは
10 イネにも花が咲く
etc

▼草花の知ってビックリの話
31 巧妙な罠を仕掛けるマムシグサ
32 オオイヌノフグリの受粉の裏技
33 花粉を自分ではじき飛ばす花もある
34 マツバボタンはダンスをして花粉をつける
35 カタバミの種子は発射装置を備えている
36 偵察してから、メインの花を咲かす野草がある
37 種子を遠くへ飛ばすショウジョウバカマの知恵とは
38 踊りを踊る不思議な植物
39 アリをボディーガードに雇う植物
40 アリに種子を運ばせるスミレ
etc

▼草花のしっているようで知らない話
61 ツユクサはなぜ露に濡れているのか
62 スミレはなぜ長い距を持っているのか
63 ネジバナはなぜ捩れているのか
64 セイヨウタンポポはなぜ強いのか
65 ヒガンバナはなぜ葉がないのか
66 お月見になぜススキを供えるのか
67 アサガオは、なぜ朝に花を咲かせるのか
68 草花には、なぜ秋と春に花を咲かせるものが多いのか
69 タンポポは夕方になると花を閉じるのか
70 切り花の茎、なぜ水のなかで切るのか
etc

【第二章 樹木の雑学】
▼樹木の面白ウンチク話
91 タケのなかには何か入っているのか
92 木が伸びたら枝の位置も上へ上がる?
93 万葉の時代のモミジは黄葉
94 木はどうやって水を上まで吸い上げているのか
95 火事を利用して生きている木もある
96 ソメイヨシノは伊豆半島で生まれた!?
97 モクレンは磁石代わりになる
98 ヤツデの葉は八つに分かれていない
99 観葉植物ガジュマルの、その正体は絞殺魔
100 イチョウは精子をつくって受精する
etc

▼樹木のひみつ根堀り葉掘り
119 プラタナスの花言葉なぜ「天才」なのか
120 ボタンの花はなぜオスなのか
121 秋になると木の葉は、なぜ変色するのか
122 ナナメノキはなぜナナメなのか
123 なぜクルミの木の下では植物が育たないのか
124 アジサイの花の色は、なぜ土地によって変わるのか
125 幹が空洞になった大木がなぜ生きている?
126 ソメイヨシノは、なぜ花が咲いてから葉が出るのか
127 タケにはなぜ年輪ができないのか
128 ポインセチアはなぜクリスマスの花になったのか
129 ツバキの花はなぜ横向きなのか
130 落葉樹のクヌギは、なぜなかなか落葉しないのか
etc

同じ著者の作品

雑学皇帝246

北嶋廣敏

博識レベルが究極に上がる「知る人ぞ知るネタ」の連続!!

雑学帝王500

北嶋廣敏

誰かに話さずにはいられない雑学500本! 読むだけで「雑談力」アップ!

さらっとドヤ顔できる 言葉の雑学 文字の中のふしぎ編

北嶋廣敏

普段なにげなくつかっている言葉の「意外なルーツ」や「正しい使い方」がわかる!!

さらっとドヤ顔できる 言葉の雑学 日本語のなぜ?編

北嶋廣敏

日本語や漢字にまつわる、思わず誰かに教えたくなる話、知っているようで知らない話

さらっとドヤ顔できる 野菜の雑学

北嶋廣敏

「タマネギがピラミッドを建てた!?」 「キュウリには毒がある!?」 「野菜のアクっていったい何なのか…

植物は動けないけど強い したたかに生きる草木の処世術

北嶋廣敏

植物が身につけた驚くべき生存戦略

猫まるごと雑学事典~つい他人に話したくなる猫の秘密教えます~

北嶋廣敏

私たちの暮らしに彩りを添えてくれる猫。そんな猫たちの不思議な性質から、古今東西の「猫奇談」まで、意外…