また、同じ夢を見ていた

星:30(850)

価格:1120円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

デビュー作にして25万部を超えるベストセラーとなった「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」の著者が贈る、待望の最新作。友達のいない少女、リストカットを繰り返す女子高生、アバズレと罵られる女、一人静かに余生を送る老婆。彼女たちの“幸せ”は、どこにあるのか。「やり直したい」ことがある、“今”がうまくいかない全ての人たちに送る物語。

レビュー

星:40

2017-09-24

出てくる大人たちがみんな素敵。主人公の語り口が軽妙でどんどん読み進めてしまう。すごくファンタジックな内容で、オチも徐々に読めてくるのだけど、それでも最後まで読みたくなってしまう作品。

星:50

2017-09-17

「幸せとは何か?」を考えていく一冊。
こういった哲学的なテーマは押し付けがましくなりがちだが、この本はそうではない。

主人公の女の子の口癖で「人生とは何々だ」と色々と例えていくのだが、ズシン、と心に響くことが何度もあった。

前作の「君の膵臓を食べたい」に続いて傑作である。

星:50

2017-09-12

人生とは…と偉そうな言葉は言えないが、どう感じ、何を選択するかということが、幸せを見つける上でとても大事なことなんだと教えてくれる本。当たり前のことなんだが、選択は感情のままに決めると後悔することが、ままある。

同じ著者の作品

か「」く「」し「」ご「」と「

住野よる

きっと誰もが持っている、自分だけの「かくしごと」。

君の膵臓をたべたい

住野よる

ある日、高校生の僕は病院で一冊の文庫本を拾う。タイトルは「共病文庫」。それは、クラスメイトである山内…

よるのばけもの

住野よる

夜になると、僕は化け物になる。寝ていても座っていても立っていても、それは深夜に突然やってくる。ある日…