色彩論

価格:1300円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

文豪ゲーテは多くの貌をもつ。その文業とともに、終生情熱を傾けたのが、植物学・動物学・地質学・解剖学・気象学などに及ぶ広汎な自然研究であった。とりわけ形態学と色彩論はその白眉と言うべく、シュタイナーらの再評価を経て、現代的関心もきわめて高い。分析と還元を旨とする近代科学の方法に対して、綜合と全体化を目指すゲーテの理念の背景には、汎知学─ヘルメス学の伝統が控えている。『色彩論』の精髄たる「教示編」に加え、「科学方法論」を併載し、ゲーテ自然思想へのチチェローネとなす。

同じ著者の作品

ゲーテ スイス紀行

ゲーテ|木村直司

ライン河の泡立つ瀑布、万年雪をいただく峰々。スイス体験のもたらしたものとは? ゲーテ自然科学の体験的…

ゲーテ地質学論集・気象篇

ゲーテ|木村直司

雲をつかむような変幻きわまりない気象現象を統べるものは? 上昇を促す熱と下降を促す重力を透視する詩人…

ゲーテ地質学論集・鉱物篇

ゲーテ|木村直司

地球の生成と形成を探って岩山をよじ登り洞窟を降りる詩人。鉱物・地質学的な考察や紀行から、新たなゲーテ…

ゲーテ形態学論集・動物篇

ゲーテ|木村直司

多様性の原型。それは動物の骨格に潜在的に備わる「生きて発展する刻印されたフォルム」。ゲーテ思想が革新…

ゲーテ形態学論集・植物篇

ゲーテ|木村直司

花は葉のメタモルフォーゼ。根も茎もすべてが葉である。『色彩論』に続く、いま時代も待望する形態学全2巻…