日本陸海軍はロジスティクスをなぜ軽視したのか

価格:815円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

■ロジスティクスの視点から、日本陸海軍がどう戦略を間違えたか、なぜ間違えざるを得なかったのかを再検証する1冊。

■目次
第一章 異質機能の統合
“太平洋戦争中、大西瀧治郎海軍中将は「海軍は全力をあげて陸軍と戦い、余力でもって米軍と戦っている」と嘆いた。”

ロジスティクスが上手く機能しなかった要因の一つに、陸海軍の縦割りで、協力し合えなかった点が挙げられる。
ただ、陸海軍の仲が悪いことはアメリカ軍も同様で、珍しいことではなかった。
アメリカ軍の統合参謀本部のような陸海軍を統括する組織は、日本のほうがアメリカより先につくられていたのに、なぜ機能させることができなかったのか。アメリカとの比較から再考する。

第二章 新しい概念の創造
“鉄道という新しいテクノロジーの潜在力に着目し、鉄道運輸という概念から従来の戦略を考え直したのが、プロイセンのモルトケだった。彼は鉄道を参謀本部の管轄下におき、陸軍大学校の最優秀卒業者を鉄道関連の参謀将校に任命した。”

シベリア鉄道の運行状況で何ヶ月後にロシア・ソ連軍が侵攻してくるかがわかるものだという。
近現代は、馬・馬車から鉄道や蒸気船、自動車、飛行機へと輸送手段が変わった時代だったが、それらの新方式によって、兵站はどのように変わったか。
また、各国はそれぞれにどのように対応したかを見ていく。

第三章 戦略の正誤
“戦術のまずさは戦略で補うことはできるが、戦略の誤りを戦術によって正すことはできない。”

太平洋戦争(第二次世界大戦)は戦闘機や空母機動部隊の戦いだったといわれるが、じつは潜水艦の戦いこそが勝負をわけている。
ロジスティクスの視点から、ドイツ軍も含めて、日本陸海軍がどう戦略を間違えたか、なぜ間違えざるを得なかったのかを検証する。

第四章 ロジスティクス事例研究
“鉄道や船舶の輸送量や速度、飛行機の燃料使用料などは観念論で変えられるものではない。
 情報参謀や後方参謀の提出するデータをもとに軍の運用(作戦)は考えられるべきであったが、独断的な作戦参謀は自分の「願望」に基礎をおく傾向が強かった。”

果して陸海軍はロジスティクスを軽視していたのか?
ノモンハン事件からサイパン戦、ソ連の満州侵攻戦などの戦史をもとに戦闘ごとに再検証していく。

■著者略歴
谷光 太郎(たにみつ・たろう)
1941年香川県に生まれる。1963年東北大学法学部卒業、三菱電機株式会社入社。1994年同社退社、山口大学経済学部教授。2004年、大阪成蹊大学現代経営情報学部教授。2011年同校退職。著書に、『海軍戦略家キングと太平洋戦争』『海軍戦略家 マハン』(共に中央公論新社)、『敗北の理由』(ダイヤモンド社)、『青色発光ダイオードは誰のものか』(日刊工業新聞社)、『米軍提督と太平洋戦争―世界最強海軍のルーツ』(学研パブリッシング)、訳書に『統合軍参謀マニュアル』(白桃書房)など多数。

同じ著者の作品

米軍提督と太平洋戦争

谷光太郎

■太平洋戦争を戦った、米海軍の主要なリーダーを紹介する1冊。嫌われ者の天才――キング処世術に長けた調…

ロジスティクスから見た「失敗の本質」

谷光太郎

ロジスティクス(兵站)の視点から太平洋戦争を再検証する1冊