山本七平とゆく聖書の旅

価格:667円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

■聖書誕生の地をめぐり、キリスト教誕生の謎に迫る
シナイの地からエラト、エリコ、ガリラヤ、エルサレム、カイザリヤ、ニカイアへと
山本七平が聖書誕生の地をめぐり、キリスト教誕生の謎に迫る1冊。

そのなかで、キリスト教最大の伝道師パウロにも焦点を当てていく。

■パウロなしには、キリスト教は世界宗教にはなり得なかった
パウロは、イエスにも会ったこともないのに、キリスト教を弾圧する立場から一転してキリスト教に回心し、世界を駆けめぐる布教の旅に身を投じた謎多き人物。

山本七平は“パウロなしには、キリスト教は世界宗教にはなり得なかった”と指摘する。

キリスト教の「イエスの復活」と並ぶ謎とされる「パウロの回心」とは何か。
ローマ市民権や高い教養をもっていたパウロは、何に突き動かされて、処刑されるまで果てしない伝道の旅をつづけたのか。

山本七平が実際にパウロの歩いた地を歩くことで、パウロの謎に迫る。

秀村欣二、石森延男との対談も収録。

【著者略歴】
山本七平(やまもと・しちへい)
評論家。ベストセラー『日本人とユダヤ人』を始め、「日本人論」に関して大きな影響を読書界に与えている。1921年生まれ。1942年青山学院高商部卒。砲兵少尉としてマニラで戦い補虜となる。戦後、山本書店を設立し、聖書、ユダヤ系の翻訳出版に携わる。1970年『日本人とユダヤ人』が300万部のベストセラーに。日本文化と社会を批判的に分析していく独自の論考は「山本学」と称され、日本文化論の基本文献としていまなお広く読まれている。1991年没(69歳)。

同じ著者の作品

一九九〇年代の日本

山本七平

本書は、明治維新、敗戦、新技術の導入など、様々な社会の変化に柔軟に対応してきた日本人の特性を確かな視…

宗教について

山本七平

人間社会のあらゆる問題にわたり鋭い評論を展開してきた著者。本書では、著者独自の視点から「宗教」につい…

日本型リーダーの条件

山本七平

現代は威嚇や報償によって人が動く時代ではない。人心掌握のコツは、目に見えないコンディションド・パワー…

日本はなぜ敗れるのか 敗因21ヵ条

山本七平

戦争体験から冷静に敗因を分析した著者が語る、国際社会で日本が生き残るための処方箋

精神と世間と虚偽

山本七平

知の巨人が感銘、興奮!半藤一利氏に「あの人は教養人だった」と言わせた山本七平。半藤評は、「鷹の目」で…

山本七平のイエス伝――なぜイエスの名はこれほどにまで残ったのか

山本七平

「誕生」「闘争」「最後の晩餐」「裁判」「十字架」「復活」など、イエスの生涯の重要トピックごとに、山本…

洪思翊中将の処刑

山本七平

冤罪に対し、なぜ弁明もせず絞首台に上ったのか? 日本・朝鮮・米国の歴史に翻弄されつつも、武人らしく生…

宗教からの提言――人が生きるとはどういうことか

山本七平

山本七平が、宗教の視点から現代や日本人のあり方を問う。荒野をさまよう現代人へのメッセージ。

戦争責任と靖国問題

山本七平

全日本人への宿題を問う。「山本学」が日本人の戦争と敗戦を探る!深く刻まれた自身の戦争体験と、日本とい…

日本はなぜ外交で負けるのか

山本七平

尖閣問題も、竹島問題も、捕鯨問題も、すでに山本七平は予見していた!米・中・露・韓…いま日本は、いずれ…