読み放題

生命(いのち)のサイレン 救急女医・五條史子

価格:450円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

生と死がせめぎあう救急医療の現場に、若き女医が挑む

 孤独な老人、虐待された幼子、ヴィザ切れの外国人労働者、犯罪者、あるいは政府要人……。救急病棟に運び込まれた人々の群れ、その過去、そして現在が、女医・五條史子の前に立ちふさがる。
 サイレンが鳴り響く、赤いランプが回る、ストレッチャーが音をたてて運び込まれる。「生命徴候(バイタルサイン)チェック!」オペ室で、集中治療室で、現代社会に病み、傷ついた者を救うべく、彼女の闘いが始まった。
 現代医療の原点を問う、衝撃の医学小説。連作短篇集。

●山崎光夫(やまざき・みつお)
1947年福井市生まれ。作家。早稲田大学教育学部卒業。テレビ番組の構成、雑誌記者などを経て、1985年「安楽処方箋」で小説現代新人賞を受賞、同年短編「サイレント・サウスポー」で直木賞候補、1986年「詐病」「ジェンナーの遺言」が連続して直木賞候補となる。1998年『藪の中の家 芥川自死の謎を解く』で新田次郎文学賞受賞。医学を題材にした作品が多い。

同じ著者の作品

ヒポクラテスの暗号

山崎光夫

政府要人の寿命が一ヵ月単位で予測されている!? 謎の怪文書をめぐって政財界が揺れ動く「さっき演壇で挨…

赤い王国

山崎光夫

都心で発生した謎の病原体! 戦慄の医療パニック・サスペンス! そびえる都庁、瞬くネオン。雑多な人々が…

精神外科医

山崎光夫

盲目の医師がショックという精神外傷を「心」というメスで治す 視力を冒かされた内科医師・唐沢善之は、一…

安楽処方箋

山崎光夫

医学雑誌に掲載された「医師に見破られず自殺する方法」の謎は解明できるのか「医師に見破られず自殺する方…

ジェンナーの遺言 絶滅病原体を追え

山崎光夫

地球上から絶滅したはずの殺人ウイルス・天然痘が東京に甦った・・・!?核爆弾をはるかに上回るウイルスの…

病院が信じられなくなったとき読む本

山崎光夫

医療ジャーナリストであり、医療に関する数々の作品を発表している作家・山崎光夫が、医者に頼らない健康法…

薬で読み解く江戸の事件史

山崎光夫

家康の本当の死因とは? 島津斉彬や孝明天皇怪死事件の真相とは? 「薬」をキーワードに江戸事件史の謎を…

日本の名薬

山崎光夫

日本には古来より日本人の体に合う伝承名薬がある。森?外愛用の一等丸、巨人軍V9に貢献した恵命我神散な…

ドンネルの男・北里柴三郎

山崎光夫

破傷風菌の純粋培養、ペスト菌の発見などで有名な北里柴三郎の生誕150周年を記念して発刊。上巻はドイツ…

開花の人―福原有信の資生堂物語

山崎光夫

一人の青年が蘭方医学の私塾で学ぶため、江戸にやってきた。名は福原有信、後の資生堂創業者だ。私塾は勉学…