読み放題

偶然かしら

価格:450円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

日常の現実は偶然に作用されることが多い……それは殺人計画も同じである

 もしも、あの時、釣りに行くのを中止しなかったら、もしも、あの時、顔見知りに会わなかったら…。偶然が重なって、一人の男が死んだ。ごく平凡に見えるこの事件に微かな違和感を抱いた刑事がいた。偶然性を扱った画期的な作品「偶然かしら」の他、一幕サスペンスの「歌で死ぬ」写真トリックを使った「仰角の写真」「印画紙の場面」など、9編収録のミステリ短編集。

*偶然かしら
*歌で死ぬ
*透明な糸
*消えない女
*健康のための殺意
*青い百合
*仰角の写真
*印画紙の場面
*長過ぎた一瞬間

●日下圭介(くさか・けいすけ)
1940年和歌山県生まれ。早稲田大学第一商学部卒。1965年朝日新聞社に入社。1975年『蝶たちは今…』で第21回江戸川乱歩賞を受賞。1982年『鶯を呼ぶ少年』『木に登る犬』で日本推理作家協会賞・短編賞を受賞。その後作家活動に専念し、『黄金機関車を狙え』などの近代史ミステリーで新境地を開く。

同じ著者の作品

鶯を呼ぶ少年

日下圭介

ウグイスの声が導いたものは、森の中に隠された男の死体「正夫に死体の話をしたのは、あくまで、でまかせで…

悪夢は三度見る

日下圭介

「絹代さんを殺したのは、わたしの兄です」突然訪問してきた雪子と名乗る若い娘はそう語った 二年前、何者…

神がみの戦場

日下圭介

緊迫する国際情勢の陰で次々と起こる不気味な殺人事件……交錯する謎を結ぶ糸は何か? 時は第二次大戦開戦…

花の復讐

日下圭介

その殺人トリックを暴いたのは現場に残されていた花だった! 花や鳥や虫……これらには人間の常識では推し…

女怪盗が盗まれた

日下圭介

謎解きの興味を満喫できる全七編。贅沢な傑作推理小説集!

チャップリンを撃て

日下圭介

軍部独裁へ傾斜していく日本の歴史の暗部を照射した傑作歴史サスペンス!

赤い蛍は死の匂い

日下圭介

無類のサスペンスでミステリーの妙味を堪能させる傑作!

山頭火 うしろ姿の殺人

日下圭介

漂白の俳人山頭火を研究していた老作家が殺された! しかも、厳重に保管された遺稿の文字が消されて・・・…

「野菊の墓」殺人事件

日下圭介

東邦新聞に『野菊の墓』には、恐るべき秘密があるという投書が・・・・・・。

折鶴が知った・・・

日下圭介

利根川の風物を背景に描く推理ロマンの傑作!