宝くじで1億円当たった人の末路

星:30(125)

価格:1400円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

「宝くじで1億円当たったら……」。
こんな淡い期待を胸に、宝くじ売り場につい並んでしまうビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。
果たして、「宝くじで1億円当てた」後に待ち受ける末路とはどんなものなのでしょうか。

「大学時代からバックパッカーを続けて、20代を放浪の旅人として過ごせば、どんな人生が待ち受けているのか」
「30~40代で友達がゼロの会社員が孤独な生活を続けていったら、最終的に人生はどうなるのか」
「キラキラネームを子供に付けてしまったら、その子の将来はどうなってしまうのか」――。
いずれも、何となく“やばいこと”になりそうなのは分かります。

でも、その先の人生がどうなるか、正確に教えてくれる人はなかなかいません。
こうした疑問に、しっかり答えられる人も少ないはずです。
グローバル化とITの革新によって、私たちの人生の選択肢は、飛躍的に広がりました。
誰もが、その気になれば、大抵の挑戦はできる。そんな時代に私たちは生きています。
でもその割には、「いろいろ挑戦して人生を楽しんでいる人」って少ないと思いませんか?
みんな実は、人生で一つの「選択」をした後、どんな「末路」が待ち受けているかよく分からなくて、不安なのだと思います。
だったら、気になる様々な人生の「末路」を、専門家や経験者に取材してしまえばどうか。

いろいろな「末路」を知れば、きっとあなたの心は解き放たれます。

「好きなように生きていい」。

専門家と著者が導き出す多様な「末路」が、そんなふうに、そっとあなたの背中を押すはずです。

レビュー

星:50

2017-11-12

話題の本っていうことで読んでみた。
ハロウィンジャンボも当たらなかったけど、当たらなくてよかったと思おうと思う。いや、買っちゃダメって話だけど。
肩凝りで首を鳴らすことが多いけど、命の危険を避けるためにやめようと思う。
急な運動で、体を老化させないように気を付けて、体を柔らかくするように毎日ストレッチをしよう。
うなずける話もあれば、極論だなと思う話も。

星:30

2017-11-08

私も、宝くじに当たった人のその後だけが何パターンも書かれているのかと思って手に取った。最近は著者ではなく営業がタイトルを決めてしまうそうだが、ホント、内容の一部だけでタイトルつけるのはやめてほしいよね。
まあでも、読み進めてみると、すごく参考になるところはそれなりにあった。ただ、どうなんかな…と思ってしまうところも多かった。例えば、睡眠をご専門としている先生の話はとても有意義で、結局良い睡眠というのはその人によってそれぞれという良心的なお話のその直後に、きわめて断定的な内容のアンチエイジングの話が載っていたり…。睡眠の先生のお話の流れで考えると、アンチエイジングだって人それぞれなはず。つい、睡眠の先生の話、本当に理解できた?って本に向かってツッコんでしまった。
それから、それぞれの話の最後に著者のまとめが書かれているが、強引に結び付けて全然違う内容を展開しているところもあって、違うんじゃないかなあと思うことがあったり。
いろいろな話が載っているけど、何の話が良かったり悪かったりなのは本当に人それぞれでないかな。とりあえず参考になる話も載っていたということで、☆は3つにしておきました。

星:30

2017-10-29

個人的には第2章孤独な人の末路が面白かった。
おわりにまで読んでとてもスッキリ。人と違うことを堂々と行えばいい。同調圧力なんて関係ない。普段から感じてはいることだけれど、大丈夫!と後押ししてもらった気分。
やりたいことをやろう!