宝くじで1億円当たった人の末路

星:20(88)

価格:1400円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

「宝くじで1億円当たったら……」。
こんな淡い期待を胸に、宝くじ売り場につい並んでしまうビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。
果たして、「宝くじで1億円当てた」後に待ち受ける末路とはどんなものなのでしょうか。

「大学時代からバックパッカーを続けて、20代を放浪の旅人として過ごせば、どんな人生が待ち受けているのか」
「30~40代で友達がゼロの会社員が孤独な生活を続けていったら、最終的に人生はどうなるのか」
「キラキラネームを子供に付けてしまったら、その子の将来はどうなってしまうのか」――。
いずれも、何となく“やばいこと”になりそうなのは分かります。

でも、その先の人生がどうなるか、正確に教えてくれる人はなかなかいません。
こうした疑問に、しっかり答えられる人も少ないはずです。
グローバル化とITの革新によって、私たちの人生の選択肢は、飛躍的に広がりました。
誰もが、その気になれば、大抵の挑戦はできる。そんな時代に私たちは生きています。
でもその割には、「いろいろ挑戦して人生を楽しんでいる人」って少ないと思いませんか?
みんな実は、人生で一つの「選択」をした後、どんな「末路」が待ち受けているかよく分からなくて、不安なのだと思います。
だったら、気になる様々な人生の「末路」を、専門家や経験者に取材してしまえばどうか。

いろいろな「末路」を知れば、きっとあなたの心は解き放たれます。

「好きなように生きていい」。

専門家と著者が導き出す多様な「末路」が、そんなふうに、そっとあなたの背中を押すはずです。

レビュー

星:40

2017-09-21

この一冊でいろんな本を読んだみたいで面白かった。
タイトルだけみれば宝くじの話で億男みたいな話かなと思ったけど、キラキラネームの人とか事故物件借りた人とかの様々な末路について書かれているオムニバス的な内容でした。
話それぞれが独立しているので、
自分が気になったところから読めるので◎

星:30

2017-09-16

宝くじで当たった人達がその後、人生が変わったのか興味があり手に取ってみたが内容はちょっと違っていて、そこはちょっとがっかりだった。
様々な末路が短編式になっていて、虐待を受けていた子の成長後や首ポキをする人、クリーニング店の話などが好きかな。
ワイシャツの下に着る透けない下着は知って良かった。
豆知識的な誰かと話すときのちょっとした話のネタにいいのではないだろうか。

星:30

2017-08-08

息抜きに読むのにちょうどいい本です。
好き嫌いは分かれそうですが^^;

タイトルや帯の印象では、いろんな人の末路をくわしく追いかけていくタイプの本かと思っていましたが、そういうかんじではなかったです。

その道を末路まで歩んだ人の人生をトコトン追いかける、というよりは、いろんな人の末路を見てきた専門家に、テーマに即したインタビューをしていく、というトピックの方が多かったです。

ぱっと見の印象とは裏腹に、「楽しようとか一攫千金しようとか考えないで、地道に働いていきましょう」という主張が透けて見える本でした。

そんなわけで、期待とは違う本でしたが、「ワイシャツの下に何を切るか論争」が思いの外おもしろかったのでよかったです。