怪談徒然草

価格:450円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

壇ノ浦での旅行を「平家がまだピチピチしていて、とてもよろしゅうございました」と語る加門七海が体験した、本当にあった怖い話。中国旅行中に重慶の旅館で出会った死神。無理やり造りを変えてしまったために、氏子が次々と死んでしまった神社。付き合う男性が全員死んでしまった絶世の美女。そして、いまだに続いているという東京都慰霊堂と三角屋敷を巡る話(完全封印版)…。ありとあらゆる体験を語った「怪談本」の決定版。

●加門七海(かもん・ななみ)
東京都生まれ。オカルト・風水・民俗学などに造詣が深く、怪談、エッセイ、フィールドワーク作品などを著す。最新刊は『お咒い日和 その解説と実際』(KADOKAWA)。小説に『目嚢』『祝山』『鳥辺野にて』など、エッセイ『猫怪々』『霊能動物館』『墨東地霊散歩』など多数。

同じ著者の作品

お咒い日和 その解説と実際

加門七海

九字を切る、千羽鶴を折る、ゆびきりをする、「凶」のくじを木の枝に結びつける――。これらはすべて、オマ…

霊能動物館

加門七海

寺社を見渡せば、様々な生き物の造形がある。狛犬や手水舎の龍・亀、拝殿上の唐獅子。なぜ人は動物に神を見…

猫怪々

加門七海

路地裏でうずくまる仔猫を見捨てられず、飼うことにした著者。猫は病気を抱えており、さらに怪異現象までつ…

203号室

加門七海

「ここには、何かがいる・・・・・・」。著者の実体験も盛り込まれたリアル過ぎる恐怖!!

真理 MARI

加門七海

「死ねばいいのに」。一人の女の剥き出しの憎悪が、終わらない悪夢を招んだ!

美しい家

加門七海

怪異はいつもあなたの隣に・・・・・・。実話怪談の名手による、恐ろしくも甘美な幻想譚7編!

オワスレモノ

加門七海

実話怪談の名手でもある著者が描く、日常のすぐ隣にある怪異! 妖しくも恐ろしい全8編を収録。

祝山(いわいやま)

加門七海

ベストセラー『203号室』の戦慄、ふたたび! 著者の実体験を元にした究極のリアルホラー!

怪談を書く怪談

加門七海

――どんなに些細な話であっても、怪談は決して油断できない。

霊峰富士の力 日本人がFUJISANの虜になる理由

加門七海

2月23日は、富士山の日。「祝・世界遺産」の大々的なイベントが開かれ、さらなる注目を集める。本書は、…