大人の語彙力が使える順できちんと身につく本 無料試し読み版

価格:0円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

ベストセラー『大人の語彙力が使える順できちんと身につく本』を試し読み!

「望外」「僥倖」「忖度」をサラリと使いこなせますか!?
知性を感じさせる大人の語彙力を身につけたい人のための1冊。

この無料試し読み版では、ちょっとした言い方で「おっ、ボキャブラリーが豊富な人だな」と思われる、
大人が使いこなしたい厳選200語から40語をピックアップしました。(※全内容が気になった方は、本編有料版をご購入の上お楽しみ下さい)

【本書の内容】

「今日は私におごらせてください」「お見それしました」
→目上の人に使うと失礼なのはなぜ?
「すみません」「申し開きもできません」
→反省の気持ちがより伝わるのは?
「私淑する」「薫陶を受ける」
→直接指導を受けた相手を言うのは?

大人として身につけておきたい教養のひとつ、「語彙力」。
“語彙力のある人”や、“話していて知性を感じる人”は、適切な文脈で豊富な言葉を使いこなします。語源やニュアンスといった言葉の背景を理解したうえで、年齢や立場にあわせて、言葉を磨いているのです。

そこで本書では、言葉の意味だけでなく、「使用シーン」「成り立ち」「強さ、重み」「ニュアンス」といった基本知識に加え、知性あふれる言葉を日常で使いこなすための解説をつけました。

言葉の引き出しが少なくて、思っていることが伝わらない…
幼い言葉を使っているせいで、バカっぽく見られている?

そんな思いが少しでもよぎったら、是非、本書を読んでみてください。
普段の会話はもちろん、仕事でのやりとり、メールや手紙、お詫びするときなど、あらゆる場面で使える厳選200語が身につきます。

同じ著者の作品

吉田屋とヒント

吉田裕子

演劇・音楽・美術界の隠れグルメ達が京都で必ずお世話になる「吉田屋料理店」の、10周年記念として作られ…

英語にできない日本の美しい言葉

吉田裕子

日本語でしか表現できない言葉はたくさんありますが、これらには日本人ならではの考え方や感じ方が宿ってい…

大人の語彙力が使える順できちんと身につく本

吉田裕子

「今日は私におごらせてください」「お見それしました」→目上の人に使うと失礼なのはなぜ?「すみません」…

美しい女性(ひと)をつくる 言葉のお作法

吉田裕子

料理教室、英会話、習字、お茶、着付け、ネイル…などなど、自分磨きに躍起になっているものの、自分の正し…