僕だけがいない街(1)

星:40(82)

価格:560円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

毎日を懊悩して暮らす青年漫画家の藤沼。ただ彼には、彼にしか起きない特別な症状を持ち合わせていた。それは・・・時間が巻き戻るということ! この現象、藤沼にもたらすものは輝く未来? それとも・・・。

レビュー

4.1

星:40

82件
星:50
20
星:40
37
星:30
11
星:20
0
星:10
0
評価なし
14

星:50

2014-08-23

人気があるので読んでみました。
タイムループ/セツナ系かー。
好きなジャンルです。
「犯人探し」「ミスリード」とか、貼られた伏線の意味を探る楽しみと、
「ああ、こどもの時、自分もこうしたかったのに…」「言えたら良かったのに…」というコンプレックスをちくちく刺されたりもします。
「雛月を助けるために、自分を信用して欲しい!」という主人公の思いには共感します。
が、コレ…雛月は主人公を好きになっちゃうパターンだが、彼はそこまで考えているのだろうか?
カリオストロの城的な「あなたのハートだけ盗んで去る」とかは女子にはバッドエンディングです。

2014-08-23

これは面白い。主人公の周りで危険が起こるごとに発生する、「再上映(リバイバル)」。違和感を探そうとする主人公、その背景の書き込みが、自然で、質感があり、読ませられた。続きが気になるSFミステリ。

星:40 ネタバレ

2014-05-25

素直におもしろかった!

アラサー主人公(タイムリープ能力持ち)が、ある事件を未然に防ぐためにワーーーープ!
…と思ったら自分の小学生時代に着いてしまい…!?
主人公の小学生時代をどう変えることで、現在の事件を防げるのか―
SF(すこし・ふしぎ)なサスペンス漫画 けっこうシリアスです

今まで読んだことない種類の作品だった。
能力が自在でない&主人公自身が小学生時代をあんまり覚えてないのが良い。
読者が主人公と同じ目線で疑問をもったり焦ったりするから、臨場感とスケールがすんごく良いと思う。

そんでもって、機械的な謎解きじゃなくて、色んな人の感情が絡んでるのもすごくリアル。
謎がより複雑になったり予想外のところで泣けたりとか。
早く続きが読みたい!
反面、真実を知るのが怖い…
サスペンスもので久々に好感がもてる作品に出会いました(上から目線ですみませ…)

ただ、事件の題材がシリアス且つデリケートな問題なので、読んでいて辛いときが…(;ω;)
絶対事件解決して、みんな幸せになってほしいよ

同じタイトルの作品

僕だけがいない街(2)

三部けい

母の死をきっかけに起きた【再上映】により、戻された先は18年前の過去!?少 年時代に戻された悟がそこ…

僕だけがいない街(3)

三部けい

雛月は消えてしまった。事件の解決に失敗した失意の悟に、再び【再上映】が起こる。2006年現代に戻って…

僕だけがいない街(4)

三部けい

逮捕された瞬間、悟に【再上映】が起きる!その結果、願っていた1988年へと舞い戻ることに。今度こそ失…

僕だけがいない街(5)

三部けい

雛月を救う事は出来たのかもしれない。ただ、事件はまだ解決していない!親友・ケンヤとともに真犯人を見つ…

僕だけがいない街(6)

三部けい

八代の車に同乗した悟が見たもの・・・それはあの「眼」だった?車内で交わされる八代との会話。信じたい?…

僕だけがいない街(7)

三部けい

リハビリを開始した悟はついにアイリと再会する。記憶が取り戻せず、もがき悩んでいた悟は、アイリとの出会…

僕だけがいない街(8)

三部けい

売れない漫画家だった藤沼悟。彼は自分の身にのみ起きる「再上映(リバイバル)」という特殊な現象に巻き込…

僕だけがいない街(9)

三部けい

ケンヤ、アイリ、佐知子、そして雛月・・・悟が“時“を賭けて奔走していたその裏で、悟の周りにいた彼・彼…

同じ著者の作品

夢で見たあの子のために

三部けい

青年の生きる目的は復讐!だが、その目的の先に待つものは果たして何だ!?

カミヤドリ

三部けい

「カミヤドリ」。それは・・・人間を異形の怪物に変えてしまう伝染病。

神宿りのナギ

三部けい

カミヤドリと戦う人類の第3世代戦士・ナギとは?

STEAL AND DEAD

三部けい

マスクの下は極悪非道の囚人連中。懲役10年、100年あたりまえ。そんなヤツらの減刑方法ただ一つ。“神…

魍魎の揺りかご

三部けい

『死』への揺らぎに、眠りつくは賢人。駄駄(だだ)を捏(こ)ね、生き場を求めるは愚者。赤子が零(あや)…

鬼燈の島―ホオズキノシマ―

三部けい

家庭に問題のある子供達を引き取る施設『鬼燈学園』。そこには、知ってはならない『秘密』がある――。“登…