印象派の名画はなぜこんなに面白いのか

価格:686円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

印象派の絵画は日本人にとても人気があり、印象派関連の展覧会は多くの人でにぎわいます。しかし、印象派の絵画は、面白く解説するのには大変扱いにくいものです。印象派は絵画から肝心の物語をはぎ取って、「お天気」と「光の分析」で、画面を「手軽」に「旅気分」で味わえるようにしてしまったのです。そこで本書では、絵を前にした著者と助手がギャラリーツアーで語り合う対話形式で楽しくわかりやすく印象派の名画の面白さを解説、読んで見て楽しめるカラー文庫となっています。

同じ著者の作品

知れば知るほど面白い 聖書の“名画”

井出洋一郎

聖書をおさえれば、絵画鑑賞の楽しみが倍増!

ルネサンスの名画はなぜこんなに面白いのか

井出洋一郎

レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロなど、ルネサンスの名画を約80点収録。フィレンツェ、ローマ、…

ミレーの名画はなぜこんなに面白いのか

井出洋一郎

生誕200年の2014年は、ミレー関連展覧会が目白押し! ミレー展必携の一冊!

ギリシア神話の名画はなぜこんなに面白いのか

井出洋一郎

西洋絵画には、聖書と並んで、ギリシア神話を題材とした絵がたくさんあります。名画を前にしてもギリシア神…

ルーヴルの名画はなぜこんなに面白いのか

井出洋一郎

ルーヴル美術館のドゥノン翼→リシュリュー翼→シュリー翼とできるだけ展示順序にそって構成。章立て通りに…