食料植民地ニッポン

価格:750円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

米中に胃袋まで占領された食料植民地の現実。

日本はいまや米国と中国に胃袋まで占領されてしまった・・・。食料自給率39%の裏側を暴き、米国や中国の言いなりにならざるをえない「食料植民地」としての危機的状況を抉り出す“食”ノンフィクション。タイの広島風お好み焼き工場、チリの日本向けサケ養殖場、米国のBSE感染牛養育牧場、中国の農薬まみれ野菜畑・・・・・・世界各国を飛び回り食料依存の実態を取材。さらにメタボリック・シンドロームの原因が米国型食文化の浸透にあること、日本の食料安全対策が抜け穴だらけであることなどを突き止め、飽食日本人に意識改革を迫る。「SAPIO」誌に掲載され大きな話題を呼んだ人気連載を大幅加筆して単行本化したものを電子化した。

同じ著者の作品

帰還せず -残留日本兵 六〇年目の証言-

青沼陽一郎

東南アジアで元日本兵が語った祖国と戦争。

池袋通り魔との往復書簡

青沼陽一郎

拘置所内の「池袋通り魔」から届いた25通の手紙――。

オウム裁判傍笑記

青沼陽一郎

この裁判、あまりに面白すぎて、酷すぎる!

中国食品工場の秘密

青沼陽一郎

毒ギョーザ事件の背景に迫る渾身のルポルタージュ!

私が見た21の死刑判決

青沼陽一郎

1人も殺していないのに死刑。光市母子殺害犯、オウムの麻原ら極刑犯の素顔とは。息詰まる法廷ドキュメント