オウム裁判傍笑記

価格:670円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

この裁判、あまりに面白すぎて、酷すぎる!

オウム真理教が引き起こした一連の事件は日本中を震撼させ、前代未聞の犯罪を裁く「世紀の法廷」は、1996年4月、全国民注視のなかで開廷した。しかし、そこで繰り広げられたのは、あまりにも不可解で、あまりにも喜劇的な光景だった。そのとき、教祖はいかに振る舞い、弟子たちは何を語り、弁護人はどこにいて、裁判官は何を裁いたのか? そして、遺族が訴えたこととは? 8年間にわたり裁判を傍聴しつづけた著者が真実の法廷ドラマをつぶさに綴る!

同じ著者の作品

帰還せず -残留日本兵 六〇年目の証言-

青沼陽一郎

東南アジアで元日本兵が語った祖国と戦争。

池袋通り魔との往復書簡

青沼陽一郎

拘置所内の「池袋通り魔」から届いた25通の手紙――。

食料植民地ニッポン

青沼陽一郎

米中に胃袋まで占領された食料植民地の現実。

中国食品工場の秘密

青沼陽一郎

毒ギョーザ事件の背景に迫る渾身のルポルタージュ!

私が見た21の死刑判決

青沼陽一郎

1人も殺していないのに死刑。光市母子殺害犯、オウムの麻原ら極刑犯の素顔とは。息詰まる法廷ドキュメント