池袋通り魔との往復書簡

星:35(2)

12/1 0:00まで 価格:530円(税抜)キャンペーン価格371円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

拘置所内の「池袋通り魔」から届いた25通の手紙――。

「造田博教」を作りました」。
1999年9月8日、白昼の池袋で、包丁と金槌を手に、突如通行人に襲いかかり二人の女性の命を奪った《通り魔殺人犯》造田博は、逮捕後、友人にあてた手紙にそう書き記した。裁判を通じてほとんど何も語ろうとしなかった《通り魔》が、幾千万の言葉を費やして語ろうとする「造田博教」とは一体何なのか。オウム事件以降、「大阪池田小学校児童惨殺事件」へと続く、身勝手な無差別殺人事件の連鎖。《通り魔》から届いた二十五通の手紙をもとに、その背景にある現代の社会病理に迫る。

同じ著者の作品

侵略する豚

青沼陽一郎

ある日、太平洋を越えて種豚がやってきた。

食料植民地ニッポン

青沼陽一郎

米中に胃袋まで掴まれた国――。

帰還せず -残留日本兵 六〇年目の証言-

青沼陽一郎

東南アジアで元日本兵が語った祖国と戦争。

オウム裁判傍笑記

青沼陽一郎

この裁判、あまりに面白すぎて、酷すぎる!

中国食品工場の秘密

青沼陽一郎

毒ギョーザ事件の背景に迫る渾身のルポルタージュ!

私が見た21の死刑判決

青沼陽一郎

1人も殺していないのに死刑。光市母子殺害犯、オウムの麻原ら極刑犯の素顔とは。息詰まる法廷ドキュメント