セゾン文化は何を夢みた

価格:1800円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

堤清二(辻井喬)という特異な経営者を持ち、バブル期に日本企業としては異例の規模で広告や文化事業に資金を投入したセゾングループ。堤清二会長以下、紀国憲一文化事業部長、「無印良品」の誕生に携わった小池一子など、当時の関係者へのインタビューを基に「セゾン文化」が与えた影響を改めて問い直す。

同じ著者の作品

アダルト系

永江朗

盗聴にブラックジャーナリズム、死体清掃、さらには風俗、女装、刺青等々…、ハマる人々を徹底リポート!

そうだ、京都に住もう。

永江朗

暮らしてわかった街の楽しさと四季の美しさ。

新宿で85年、本を売るということ

永江朗

紀伊國屋新宿本店。「意思ある書店」の原点

インタビュー術!

永江朗

人間好き・活字好きに贈るインタビュー論。いかに下調べをし、話を引き出し、書くか? その方法を実践的に…

ときどき、京都人。 東京⇔京都 二都の生活

永江朗

そうだ、京都に住もう。と思い立って町家暮らし6年。「京都ぎらい」にならず古都を楽しむ「ときどき」移住…

書いて稼ぐ技術

永江朗

フリーライターは名乗れば誰でもなれるが、それで食べていけるかどうかが肝心。何をどう書き、得意ジャンル…

いい家は「細部」で決まる

永江朗

住まいの部品52を網羅、この一冊で住宅通に!

新・批評の事情 ――不良のための論壇案内

永江朗

「格差」「00年代」「この国のゆく道」「ライフスタイル」等をキーワードに社会・文化を語る論客40人を…

そうだ、京都に住もう。

永江朗

フリーライター永江朗さんが築年数不明の京町家をリノベーション。閉鎖的で、とかく人付き合いが難しいと言…

本の現場 本はどう生まれ、だれに読まれているか

永江朗

本書は、『図書館の学校』( NPO図書館の学校)で2005年から2007年にかけて連載された原稿を主…