帰還せず -残留日本兵 六〇年目の証言-

価格:750円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

東南アジアで元日本兵が語った祖国と戦争。

戦後60年を経てなお東南アジア各国に残る、日本人元兵士たち。

「どうして故郷へ帰らなかったのですか?」
その問いに古い記憶をたどりながら、ある人はやむなき事情で逃亡兵になったいきさつを、ある人は過酷な戦闘体験で日本と決別した経緯を語った。

タイ、ベトナム、インドネシア・・・・・・。現地に足を運んで聞き出した、14人の証言。しかし本書刊行時点では、そのほとんどが故人となっている。

日本に帰らない選択をし、戦後60年異国で年老いていった人たちの戦争体験を聞くために南へ! 彼らと50ちかく年の離れた著者にとって、「祖国とは何か?」という謎解きの旅であった。

あらためて「日本が海外で戦争することの意味」を考える、一級の資料にして珠玉のノンフィクション。(2014年発表作品)

同じ著者の作品

池袋通り魔との往復書簡

青沼陽一郎

拘置所内の「池袋通り魔」から届いた25通の手紙――。

オウム裁判傍笑記

青沼陽一郎

この裁判、あまりに面白すぎて、酷すぎる!

食料植民地ニッポン

青沼陽一郎

米中に胃袋まで占領された食料植民地の現実。

中国食品工場の秘密

青沼陽一郎

毒ギョーザ事件の背景に迫る渾身のルポルタージュ!

私が見た21の死刑判決

青沼陽一郎

1人も殺していないのに死刑。光市母子殺害犯、オウムの麻原ら極刑犯の素顔とは。息詰まる法廷ドキュメント