武道館

星:35(638)

価格:1018円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

「【アイドル】という職業が背負う十字架を、一度すべて言葉にしようと思いました。すると、不思議と、今の時代そのものを書き表すような作品になりました」(著者)「アイドルって作るものでなく、楽しむものである方が良いに決まってる。なのに、著者はこうやってアイドルを生み出す側にチャレンジした。それも文学の世界で・・・・・・。なんたる野望。なんたるマニアック。なんたる妄想力」(つんく♂/音楽家、エンターテインメントプロデューサー)★【正しい選択】なんて、この世にない。結成当時から、「武道館ライブ」を合言葉に活動してきた女性アイドルグループ「NEXT YOU」。独自のスタイルで行う握手会や、売上ランキングに入るための販売戦略、一曲につき二つのパターンがある振付など、さまざまな手段で人気と知名度をあげ、一歩ずつ目標に近づいていく。しかし、注目が集まるにしたがって、望まない種類の視線も彼女たちに向けられる。「人って、人の幸せな姿を見たいのか、不幸を見たいのか、どっちなんだろう」「アイドルを応援してくれてる人って、多分、どっちもあるんだろうね」恋愛禁止、スルースキル、炎上、特典商法、握手会、卒業・・・・・・発生し、あっという間に市民権を得たアイドルを取り巻く言葉たち。それらを突き詰めるうちに見えてくるものとは――。「現代のアイドル」を見つめつづけてきた著者が、満を持して放つ傑作長編!

レビュー

星:40

2017-07-23

とても良かった。特にラストの数ページはスッキリした。誰しももっている純粋なモノを表現することが許されないアイドルという存在を通して書かれています。優しい気持ちになれる作品です!

星:30

2017-05-15

アイドルの女の子達が武道館に立つ為に頑張る姿を描いたよくある話かなと思っていたが、違った。大きな感動や驚きのある話ではない。
同じアイドルとして彼女達六人は羽ばたいた。けれど、全員がずっと同じ道を歩むことはない。アイドルの前に皆、一人一人が女の子であった。

愛子と大地の関係がとても好ましかった。ライバルが現れて仲をかき乱す展開は容易に想像できたがそんな心配も無用。憎いねぇ〜と思うほど二人の絆は強い。この歳でこんなに情熱ある恋愛(果たして恋などと浮ついた表現をして良いのか悩ましいところ)が出来るのもある意味才能なのではないだろうか。
愛子は人として、アイドルとしてではなく、彼女自身が数ある好きなものから一番大事にしたいものを選んだ。世の中の正解ではない、彼女にとっての正解でしかない。周りには自分勝手に見える。しかし他の誰でもない、彼女の人生の選択。世の中の声に従う人形になれば、アイドルでは居れてもそれはもはや彼女ではない。愛子以外のメンバーも自身で選択していったのだろう。だからこそ、1期生は集まり武道館のステージに立てたのだと思う。
自分の大切なものをしっかりわかっている人はやはり強い。選んだ先が間違いじゃないと、自身が納得できる結果であるとわかっている。

愛子を中心としていた話が、観点を変えたことで最後はグループの物語になった。愛子の視点で終わっていれば『武道館』は剣道の試合を見に行ったあの武道館になっていただろう。もしくは題名が違っていたかもしれない。
読んでいる間ずっと内容と題名の違和感にもやもやしていた。観点が変わった瞬間の嫌な感じ、何故最後の最後で?と思った。しかし読んだ後は納得。計算されての内容であれば、そこはとても評価したい。

星:40

2017-05-15

 アイドルの恋愛や進路については結構どうでもよかったけど、インターネットによって無料で様々な表現物にアクセスできるようになったことに対する警鐘にはドキッとした。自分の財布を全く傷めず、好きなものを選び取るなんてできるはずがない。ついyoutubeとか観ちゃうけど、本当に好きなものはちゃんとお金を出して、選びたい。
 当たり前だと思っていることは、10年もすれば当たり前じゃなくなる。ちゃんと自分の頭で考えて、選ばないと。

同じ著者の作品

風と共にゆとりぬ

朝井リョウ

ダ・ヴィンチBOOK OF THE YEAR 2015 1位!(エッセイノンフィクション部門)『時を…

スペードの3

朝井リョウ

ミュージカル女優、つかさのファンクラブを束ねる美知代。小学校の同級生の出現によって美知代の立場は危う…

世界地図の下書き

朝井リョウ

【坪田譲治文学賞受賞作】両親を事故で亡くし、施設で暮らす小学生の太輔。施設を卒業することになった高校…

ままならないから私とあなた

朝井リョウ

先輩の結婚式で見かけた新婦友人の女性のことが気になっていた雄太。しかしその後、偶然再会した彼女は、ま…

世にも奇妙な君物語

朝井リョウ

今年二十五周年を迎えたテレビドラマ、「世にも奇妙な物語」の大ファンである、直木賞作家・朝井リョウ。映…

少女は卒業しない

朝井リョウ

取り壊しの決まっている地方の高校、最後の卒業式の一日。少女7人が迎える、それぞれの「別れ」を、瑞々し…

時をかけるゆとり

朝井リョウ

就職活動生の群像『何者』で戦後最年少の直木賞受賞者となった著者。初のエッセイ集では天与の観察眼を縦横…

星やどりの声

朝井リョウ

若き直木賞受賞作家・朝井リョウが描く、感動の物語

もういちど生まれる

朝井リョウ

彼氏がいるのに、別の人にも好意を寄せられている汐梨。バイトを次々と替える翔多。絵を描きながら母を想う…

何様

朝井リョウ

生きていくことは、何者かになったつもりの自分に裏切られ続けることだ。