世界に嗤われる日本の原発戦略

星:40(2)

価格:648円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

福島第一原発の事故を受け、日本の電力政策は転換点を迎えたが、エネルギー問題はもはや一国の利害だけでは判断できない時代となった。全世界70億人には等しく豊かな生活を送る権利があり、今後も増え続ける膨大なエネルギー需要を、再生可能エネルギーだけで賄うのは難しいのが現実。今後も海外では原発建設が計画されており、日本のエネルギー政策は世界から取り残されている。そこで本書は、原発の安全対策を冷静に分析し、増え続ける核廃棄物に関しても具体的提言を行い、原発の必要性を考える。まさに、全人類が文明生活を享受し、世界が繁栄し続けるための原発論。「(原子力は)人間が制御できない技術であるとか、神の領域とか、それこそ神がかったことを言う人がいますが、それは人類の進歩を放棄し、進歩の芽をつみ取ることです」と語る著者。再稼働への道はいまだ遠いが、安全対策から技術開発まで、日本には人類の未来に対する責任と義務がある!

同じ著者の作品

富士山噴火

高嶋哲夫

死者数最大1万3千人、被害総額2兆5千億円と予測される富士山噴火。過去最大の災害危機に真っ向から挑み…

電王

高嶋哲夫

7冠最強棋士vs.世界的AI研究者お前がいるから、ここまで来れた――。2人の絆が生んだ世紀の一戦の幕…

日本核武装

高嶋哲夫

戦争阻止にはこれしかない。 中国の尖閣支配、北朝鮮の核配備、形骸化する日米安保――。 最大の禁忌(タ…

沖縄県警シリーズ

高嶋哲夫

青い海、白い砂浜が広がる楽園・沖縄で、殺人事件と米軍用地を巡る二つの事件が同時発生! 捜査を進めると…

トルーマン・レター

高嶋哲夫

なぜ原爆投下はなされたのか―――!? 元新聞記者の峰先は33代米大統領トルーマンの私信を入手、それは…

命の遺伝子

高嶋哲夫

ベルリンでの講演直後、天才遺伝子科学者トオル・アキツは何者かに攫われ、爆破事件で吹き飛ばされた男の手…

福島第二原発の奇跡

高嶋哲夫

福島第二原発は、なぜメルトダウンしなかったのか。間一髪の危機を懸命に食い止めた人たちの姿を描く、感動…

首都感染

高嶋哲夫

二〇××年、中国でサッカー・ワールドカップが開催された。しかし、スタジアムから遠く離れた雲南省で致死…

ライジング・ロード

高嶋哲夫

東北の三流大学の講師になった陽子の使命は、学生たちを率いて「ソーラーカーレース」で優勝すること。被災…

首都崩壊

高嶋哲夫

国交省の森崎が研究者から渡された報告書。マグニチュード8の東京直下型地震が近く起き、損失は百兆以上に…