鬼さん、どちら

星:30(28)

価格:552円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

三千人にひとり「鬼」のいる日常。「鬼」には「先天性頭部突起症」という名前がつけられ、節分の風習もなくなった。周囲に気をつかわれながら生きている鬼の女子高生・崎、崎のことが気にかかる同級生・ゆいこ、「突起症の天才少年」という過去を引きずるチェロ弾き・真央、かつて「鬼」だったがツノを切除した奥富、「鬼」を嫌悪する崎の担任・端場――――「鬼」という存在が浮き彫りにする人間の弱さと強さの物語、5篇を収録。

レビュー

星:50

2016-07-07

全1巻 三千人にひとり頭に突起の出来る「鬼」がいる日常、差別問題から浮き彫りになる人間の醜さ、優しさが胸を刺す作品

星:50

2015-12-17

深い。
ほんとに微妙な人の感情を描写していて共感もし、ちょっと痛くもあり、ほんとに「鬼さん、どちら」と問いかけられてるようでした。
「鬼」というのはいろんなもの置き換えて考えたら自分もあちらだったりこちらだったり…。

星:40

2015-12-13

年の瀬に面白い漫画にぶち当たり続けてて大変幸せ。ツノが生える『先天性頭部突起症』の人間がいる世界と差別を、突起症の少女とその周囲の人々とともに描いた連作。チクチクと心にクるシーンが多いが、ラストは笑って終わる形に収束するのが良い。そして百合だ。傑作

同じ著者の作品

ロボッとうさん

有永イネ

感情のあるロボットは“バグ”として、世間にみつかったら回収されちゃう・・・そんな、ロボットがあふれる…

かみのすまうところ。

有永イネ

葛藤あふれる、宮大工の世界へようこそ――! 恋愛も就職もダメで地元に戻った、24歳男子の上乃(かみの…

さらば、やさしいゆうづる Good-by,My Sweet Crane and Three Short Stories

有永イネ

注目の新鋭・有永イネが描く、初の短編集。心の弱った人間にだけとりつく「ひとつめさん」がつなぐ友情を描…