読み放題

「世界の大富豪」成功の法則

価格:1400円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

彼らが大金持ちになるには「理由」があった!

世界の大富豪に君臨するITの王者ビル・ゲイツ、
メキシコの通信王カルロス・スリム、投資の神様ウォーレン・バフェットは言うに及ばず、
伝説の大富豪、ロイヤルファミリー、IT成金たちの先見性、直観力、決断力、独創性・・・・・・、
その「成功の方程式」を明らかにする。

【著者紹介】
城島明彦(じょうじま・あきひこ)
作家・ジャーナリスト
1946年三重県生まれ。早稲田大学政経学部卒。東宝(映画助監督)を経て転職したソニー勤務時代(宣伝部門・広告部門)に書いた
短編小説「けせらんぱさらん」で文芸春秋の「オール讀物新人賞」(第62回)受賞。“ソニー初の文芸賞受賞者”となり、著述業に転身。
著書に『吉田松陰「留魂録」』『広報がダメだから社長が謝罪会見をする!』『ソニーを踏み台にした男たち』『恐怖がたり42夜』など、小説・ノンフィクションの著書多数。近著に現代語訳『養生訓』がある。

【目次より】
第1章◆世界長者「ピラミッドの頂点を極める成功方程式」
第2章◆伝説の大富豪たちの「人を出し抜く一攫千金の法則」
第3章◆華麗でリッチなロイヤルファミリーのバランスシート
第4章◆IT成金になる「チャンス鷲掴みの原理原則」
第5章◆ウーマン・ビリオネア&ファミリー「遺産相続の鉄則」
第6章◆躍進著しいアジア圏の「成り上がり必勝法」

レビュー

星:30

2016-03-18

世界の色々な大富豪が紹介されてある。
世の中がどう変化するか予見し、その流れに
うまく乗ることが大切なようだ。
日本の富豪も紹介してほしかった。

星:30

2016-01-24

現在に連なる財閥系の成立ちなど、読み物として読むにはとても興味深く面白い。読者の問題だが、数値が天文学的すぎるので凄さがわかりにくく、身近な小金持ちのほうが正直羨ましくなれる

タイトルである成功の法則について、それぞれの大富豪毎に記載があるが、みんなそれぞれですね‥守れば則ち金持ちとはなりません。

同じ著者の作品

広報がダメだから社長が謝罪会見をする!

城島明彦

東電、ソニー、不二家、ホンダ、日立、赤福……なぜ次々にマスコミの好餌と化しているのか? 大企業の新人…

恐怖がたり42夜 ―携帯サイトの怖い話―

城島明彦

黄泉比良坂(よもつひらさか)、怨樹、死人花、烏、幽霊屋敷、迷宮、肖像画、逆行、能面など、読みごたえあ…

携帯サイトの怖い話

城島明彦

5分に一度、あなたの首筋が凍る恐怖のショート・ショート集!携帯で驚異のアクセスを記録した、あの怖い話…

怪奇がたり

城島明彦

読んでしまったら一人では眠れない!あなたのすぐ近くにある怖い話・・・。