神様の御用人5

価格:570円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

晴れて御用人の本採用となった良彦。しかしやっぱり交通費はゼロ。それでも今回は九州遠征までさせられて、あの夫婦神の板挟みに・・・・・・!? 有名すぎる日本の英雄、強烈なお供を連れた七福神の一柱。彼らの御用のために、良彦は穂乃香の助けを借りながら走り回る。果たして二人の仲の進展は・・・・・・? それ加えて、あの超現実主義神職に神様が恋わずらいってどういうこと!? もはやただの食いしん坊キャラになりつつある狐神・黄金と、そろそろ将来が不安な貧乏フリーター良彦が奔走する、大人気シリーズ第5弾!

レビュー

星:40

2017-01-05

あとがきを読んで、この作品が漫画化されていて作画が大好きなユキムラさん(『たむらまろさん』は名作です)なことに大興奮です。うわーこれはレンタルじゃダメな奴だ!早速本屋へいそいそ。今回はまた短編に戻りまして、邇邇芸命、倭建命、大地主神、蛭児大神(エビス)の4柱が登場。倭建命の悲しい逸話は氷室冴子作『ヤマトタケル』で読んでいたので、よりいっそう切ないです。でも一番泣けたのはえべっさん!えべっさん愛されてるんだから頑張って!神様たちの記憶喪失はどうにかならんものか…。やっぱり人の子の努力なのか。

星:30

2017-01-05

御用人、西へ東へ大忙し。

正式な御用人になっても、良彦と黄金の関係は相変わらず。今回は遠出で、九州まで出かけています。もちろん地元・京都でも、ちょっと足を延ばして兵庫や大阪、奈良でも、神様のお願いに隠された気持ちを解きほぐす良彦。だんだんその姿もしっかりしてきたかもしれない。

「天孫の鏡」とうとう来ました、邇邇芸命(ニニギノミコト)と木花之佐久夜毘売(コノハナノサクヤビメ)! 今回はお姉さんは出てきませんでしたが。神様も夫婦関係には手を焼くんですね。どこかの大国主神とは違うパターンだったけど。なんとも人間っぽい神様でした。そして穂乃香ちゃんとデート(?)しているなんて、良彦はいつの間にそんなレベルをあげたのか。

「英雄、鳥を好む」そして次は倭建命です。超有名どころ! なのに映像がテラシュール。まさかの人面鳥とは。なんだかなあ、と思うやりとりで、いやいや本人が納得したならいいけど、親子とは。

「大地主神の恋わずらい?」さて、地元に戻って。とうとう孝太郎に御用人のことを打ち明けるのかと思いきや。大地主神かわいいです。本当に惚れっぽいだけかもしれないけど。そして出ました、京都水族館。京都のデートスポットといえば、なのかな。

「えべっさんの草鞋」へえ、蛭児大神の流れがあるのか。事代主神の方がもっと知らなかったけど。というか、エビス神として祀られている神様、色々ありすぎでは。つい最近までビリケンさんをえべっさんだと思っていた私が言うのもなんだけど。閑話休題。まさかの出町商店街が登場してびっくりしております。

星:40

2017-01-03

御用人シリーズ第5弾
今回も親しみの持てる様々な神々の登場に楽しませてもらった。
御用人は代理から本採用となっただけあって御用捌きも板についてきたなーって思う。
狐神はグルメ神になりつつあるのも面白い。
神々や御用人の恋話も良かった。

同じタイトルの作品

神様の御用人6

浅葉なつ

何やら思惑のありそうな孝太郎に連れられて、上京した良彦と黄金。初めての東京に思わず浮かれる彼らの前に…

同じ著者の作品

香彩七色

浅葉なつ

犬並み嗅覚の女子大生&香道宗家跡取りがほのかに香る謎を紐解くアロマミステリー

山がわたしを呼んでいる!

浅葉なつ

山の知識ゼロ! そんな彼女が放り込まれた標高2000メートルのアルバイト!

空をサカナが泳ぐ頃

浅葉なつ

どんどん増えていく空のサカナ。いったい俺はどうなるの!?

サクラの音がきこえる

浅葉なつ

桜が散る頃、その音楽は生まれた――。音楽に翻弄される三人の“音”物語。