うつくしい列島

価格:900円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

日本の自然が好きだ。この列島はさまざまな地理的要素がぎっしり詰まったおもしろい国土なのだ。

富士山、知床、三陸海岸、小笠原諸島、琵琶湖…池澤夏樹が日本列島の風光明媚な名所を歩きながら「日本」を思索したエッセー全24編。
印刷版所収の第二部(南鳥島特別航路)は、電子版『南鳥島特別航路』として発売中。

【目次】
富士――スタートの正しい付き合いかた
知床半島――知床という名の奇跡
小笠原諸島――クジラである自分
さくら列島――落下の雪に踏み迷う……
琵琶湖――葦の茂る岸辺で
桜島――地史と大気が交差する場
白馬連峰――山という別世界の花
慶良間諸島――龍宮城の遠い記憶
魚津 南又谷――奇怪な杉とまっすぐな杉
大雪山――見る者なき豪奢な風景
伊豆鳥島――絶海の孤島、鳥の楽園
下北半島――雪の中のカモシカ
瀬戸内海――古代日本の高速道路
尾瀬――人がいない雪原に立つ木
奄美諸島――あの湿度と陰影の島々
北信濃 地獄谷――ボスザルはいなかった
吉野川――この流れの至るところ
水俣湾――かつて魚の湧く海があった
日高山脈――人の手が届かなかった地域
奥只見――この水に満ちた山々とブナの林
三陸海岸――入り組んだ海岸線の美しさ
伯耆大山――秋の到来と荒々しい山
屋久島――ほとんど世界一の雨量の島
白神山地――タムシバとムシカリ、そしてブナ

【著者】
池澤夏樹
1945年北海道帯広市に生まれる。小学校から後は東京育ち。以後多くの旅を重ね、3年をギリシャで、10年を沖縄で、5年をフランスで過ごして、今は札幌在住。
1987年『スティル・ライフ』で芥川賞を受賞。その後の作品に『マシアス・ギリの失脚』『花を運ぶ妹』『静かな大地』『キップをなくして』『カデナ』『アトミック・ボックス』等。自然と人間の関係について明晰な思索を重ね、数々の作品を生む。2014年末より「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」全30巻の刊行を開始。
http://www.impala.jp

同じ著者の作品

沖縄への短い帰還

池澤夏樹

十年後、ぼくらはどういう歴史を持っているだろう?

沖縄式風力発言 ふぇーぬしまじま講演集

池澤夏樹

つなぐものとしての言葉の力が沖縄では生きている。

アマバルの自然誌 沖縄の田舎で暮らす

池澤夏樹

雲の変化はそれだけ見ていても飽きない。

海図と航海日誌

池澤夏樹

本は人を変えるのだ。

池澤夏樹の世界文学リミックス

池澤夏樹

小説の基本の原理は他人の運命への興味である。

双頭の船

池澤夏樹

大事なのは土の匂いだ。

楽しい終末

池澤夏樹

これほどひどいことをするのが人間であり、それに耐えて希望を保つのが人間である。

短篇集 マリコ/マリキータ

池澤夏樹

ぼくのために用意された世界なのか、世界の一隅にひっそりと生きているぼくなのか。――「帰ってきた男」

短篇集 きみのためのバラ

池澤夏樹

彼女はまたにっこりと笑った。この笑いにぼくはつかまっているんだ、と彼は思った――「きみのためのバラ」

短篇集 骨は珊瑚、眼は真珠

池澤夏樹

ぼくは不安な気持ちを持ったまま、幸福にやっていくよ。――「眠る人々」より