ニッポンの文学

星:35(53)

価格:700円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

2015年又吉直樹の芥川賞受賞へと続く、戦後日本における「文学」の流れを「文学以外の小説」とともに語ることで紐解き、いったい「文学」に何が起こっていったのか、これからの「文学」の行方について論じる。取り上げる作家は、村上春樹、村上龍、栗本薫、高橋源一郎、よしもとばなな、阿部和重、小松左京、筒井康隆、綾辻行人、京極夏彦、西尾維新、又吉直樹、ほか多数。

同じ著者の作品

ニッポンの音楽

佐々木敦

一九六九年から始まる本書の物語は、「Jポップ」葬送の物語であり、ニッポンの寓話でもある。章題記載の音…

ゴダール原論―映画・世界・ソニマージュ―

佐々木敦

イメージ、音響、そして犬――。「映画史」の現在を射抜く、斬新な批評!

「批評」とは何か? : 批評家養成ギブス

佐々木敦

音楽批評、映画批評、文芸批評…そして批評の言葉はジャンルを「貫通」する。本気で書きたい人のための「批…

批評時空間

佐々木敦

風景とは何か。記憶とは、来世とは何か。同時代芸術の核心に迫る、アクチュアルで野心的な批評集。

ニッポンの思想

佐々木敦

80年代、、浅田彰・中沢新一が登場した衝撃、柄谷行人・蓮實重彦の思想、90年代における福田和也・大塚…