マギ シンドバッドの冒険(10)

価格:429円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

後に七海の覇王と呼ばれる男の若き日の冒険、第10巻!!
解放した奴隷たちを従え、商会へと戻った当主・シンドバッド。
彼らは国土を探すため未開の地・暗黒大陸へ進む!!
新たに登場する若き八人将にも注目!!!

レビュー

星:30

2016-07-24

アニメを観たので7巻から10巻までまとめ読み。
そうか〜一時期天狗になったシンを、奴隷に落として、シンはシンで、ジャーファルはジャーファルて、リスクを冒しながら問題解決にあたり、今の清濁合わせ持つシン達になったのね。。。
なんかホッとした。


でも、マギ本編でちらっと読んだときは、
やっぱり驕りたかぶってた感じがしたな。。。
その、汚れた手でも良いって決意と、自分が一番正しいってのはなんか違うと思うんだけど。

星:40

2016-05-30

 奴隷編を終え、建国のための国土を求めて暗黒大陸へと向かう一行を描いた十巻である。今回は、エジプトがモチーフだろうエリオハプトでの物語の序盤が収録されている。
 あくまでスピンオフとして見れば、描かれている物語は前日譚として悪くはない。本編ではなかなかできない類のキャラの掘り下げを行い、本編の補足を行っていく。バルバッドの王子二人やアリババなど、在りし日の彼らの姿が確認できる意味で面白いのは面白い。
 ただ、一方でこの物語そのものを単体で見ると、どうしても本編と比べてしまい、評価が下がってしまうところがある。たとえば前半部の奴隷から解放されたシンドバッドを皆が歓待するシーンなどは、次から次へとキャラが現れ、どんどん話が持ち出されてサッパリ頭に入ってこない。誰が誰なのか、物語の本筋はここまでどうなっているのか初めから読者が理解できている前提で描いているために、ユーザビリティの面で問題があるのだ。正直言って半分くらいのキャラは「誰だっけ」と思いながら読んでいた。

 その意味で、星四つという評価になっている。暗黒大陸編への期待も込めた上での評価であり、キャラ数を絞って展開している感じは好ましく思える。良い物語となるといいのだけど。
 

星:30

2016-04-22

主要人物がだいぶ揃ってきた。マギ本編ではあんまりでないドラクルがいっぱい出てきて、セレンディーネも旅に同行して二人の恋模様が気になる。

同じタイトルの作品

マギ シンドバッドの冒険(11)

大高忍|大寺義史

後に七海の覇王と呼ばれる男の若き日の冒険、第11巻!!代々のエリオハプト王が眠る「王家の墓」を取り戻…

マギ シンドバッドの冒険(12)

大高忍|大寺義史

後に七海の覇王と呼ばれる男の若き日の冒険、第12巻!!迷宮のジン”ゼパル”からの最後の試練はシンドバ…

マギ シンドバッドの冒険(13)

大高忍|大寺義史

後に七海の覇王と呼ばれる男の若き日の冒険、第13巻!!暗黒大陸からカルタゴへ戻ってきたシンドバッドた…

マギ シンドバッドの冒険(14)

大高忍|大寺義史

後に七海の覇王と呼ばれる男の若き日の冒険、第14巻!!故郷・パルテビアに再訪したシンドバッド。そこで…

マギ シンドバッドの冒険(15)

大高忍|大寺義史

後に七海の覇王と呼ばれる男の若き日の冒険、第15巻!!王になるため、今まで以上に働き、多くのものを抱…

マギ シンドバッドの冒険(16)

大高忍|大寺義史

運命のシンドリア建国式典、開幕―――!!悲願であった建国式典を控え、シンドバッドたちがその準備に追わ…