沖縄への短い帰還

星:35(4)

価格:1850円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

十年後、ぼくらはどういう歴史を持っているだろう?

一九九〇年代初めから沖縄に通い、九四年に移住、十年を過ごした池澤夏樹は、多くの文章を通じて沖縄の魅力と悲しみを語りつづけた。
その大量の文章の束から、エッセーや書評、文化論、インタビュー、ショートショートから村役場への意見書までを、沖縄の名編集者新城和博が厳選。著者の沖縄への深い思い、日本が誇りを持てる国であってほしいという願いが込められた一冊となった。
十年以上前に書かれた文章でさえも、今なお古さを感じさせない。それが沖縄の苦しみであり幸福でもある。これからの沖縄と日本を考えるための必読の書。

【目次】
序 沖縄の十年とそこで得た作物のこと、それにこの先
自省

I 沖縄のくらし エッセイなど
今なら間に合うヤンバル探検隊
編集は楽しい
与那国島は世界の中心
沖縄人のための越境のすすめ
変わるとしたら沖縄から
敗軍の将に会う
談話??辺野古レポート
ほか

II 沖縄に関する本のこと 書評・解説など
『おきなわことわざ豆絵本』??貧乏について
『南島文学発生論』谷川健一
『八重山生活誌』宮城文??生活文化の記録
沖縄移住後の「読書日記」抄
『よみがえれ黄金の島』小山重郎
『シマサバはいて』宮里千里
『西表島自然誌』安間繁樹
「水滴」目取真俊
ほか

III 沖縄への短い帰還 インタビューと回想
「沖縄は、『鉱山のカナリア』なんですよ」 一九九五年十月
異文化に向かう姿勢??岡本太郎を例として
「ぼくは帰りそびれた観光客だから」 二〇〇四年四月
斎場御嶽
沖縄への短い帰還
土屋實幸さんとモダニズム

IV 太平洋に属する自分 講演

しーぶん/掌編
オトーシの効き目
マヅルおじいの買い物
一人寝

解説 沖縄のユイムンと池澤夏樹(宮里千里)

【著者】
池澤夏樹
1945年北海道帯広市に生まれる。小学校から後は東京育ち。以後多くの旅を重ね、3年をギリシャで、10年を沖縄で、5年をフランスで過ごして、今は札幌在住。1987年『スティル・ライフ』で芥川賞を受賞。その後の作品に『マシアス・ギリの失脚』『花を運ぶ妹』『静かな大地』『キップをなくして』『カデナ』『アトミック・ボックス』など。自然と人間の関係について明晰な思索を重ね、数々の作品を生む。2014年末より「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」全30巻の刊行を開始。
http://www.impala.jp

同じ著者の作品

沖縄式風力発言 ふぇーぬしまじま講演集

池澤夏樹

つなぐものとしての言葉の力が沖縄では生きている。

アマバルの自然誌 沖縄の田舎で暮らす

池澤夏樹

雲の変化はそれだけ見ていても飽きない。

海図と航海日誌

池澤夏樹

本は人を変えるのだ。

池澤夏樹の世界文学リミックス

池澤夏樹

小説の基本の原理は他人の運命への興味である。

双頭の船

池澤夏樹

大事なのは土の匂いだ。

楽しい終末

池澤夏樹

これほどひどいことをするのが人間であり、それに耐えて希望を保つのが人間である。

短篇集 マリコ/マリキータ

池澤夏樹

ぼくのために用意された世界なのか、世界の一隅にひっそりと生きているぼくなのか。――「帰ってきた男」

短篇集 きみのためのバラ

池澤夏樹

彼女はまたにっこりと笑った。この笑いにぼくはつかまっているんだ、と彼は思った――「きみのためのバラ」

短篇集 骨は珊瑚、眼は真珠

池澤夏樹

ぼくは不安な気持ちを持ったまま、幸福にやっていくよ。――「眠る人々」より

うつくしい列島

池澤夏樹

日本の自然が好きだ。この列島はさまざまな地理的要素がぎっしり詰まったおもしろい国土なのだ。