陸王

価格:1700円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

勝利を、信じろ――。足袋作り百年の老舗が、ランニングシューズに挑む。埼玉県行田市にある「こはぜ屋」は、百年の歴史を有する老舗足袋業者だ。といっても、その実態は従業員二十名の零細企業で、業績はジリ貧。社長の宮沢は、銀行から融資を引き出すのにも苦労する日々を送っていた。そんなある日、宮沢はふとしたことから新たな事業計画を思いつく。長年培ってきた足袋業者のノウハウを生かしたランニングシューズを開発してはどうか。社内にプロジェクトチームを立ち上げ、開発に着手する宮沢。しかし、その前には様々な障壁が立ちはだかる。資金難、素材探し、困難を極めるソール(靴底)開発、大手シューズメーカーの妨害――。チームワーク、ものづくりへの情熱、そして仲間との熱い結びつきで難局に立ち向かっていく零細企業・こはぜ屋。はたして、彼らに未来はあるのか?

レビュー

星:30

2017-11-27

下町ロケット、ルーズベルトゲームと同系統。安定の面白さ。池井戸作品のなかでは初めて、ドラマを見始めてから原作を読んだ。ドラマは原作を比較的忠実に反映されている。でもやはり原作を先に読めば良かったと思う。

星:40

2017-11-23

元気が出る。
どうせ書くなら日本を勇気付けられる弱者を励ます小説を。変わらない池井戸さんの信念に胸打たれる。信念持ってやってるのだから単調なんていうのは野暮。

星:40

2017-11-22

4.3
下町ロケットよりも好き。

ドラマから入った。
続きが気になり、読み始めたのだが止まらなくなり、ほぼノンストップで読んだ。
読者としては、善悪が分かりやすいため、非常に飲み込みやすい造りになっている。

以下四点が響いた。 
・全ては人があってこそ。最も大切なものは人だ。
・ビジネスは信頼関係で成り立つ。
・営利至上主義ではなくやりたいことを実現するために働く。
・絶望に打ちひしがれたときにこそ、信頼できるかがよく分かる。

覚悟をもって、挑み続けられるか?
勝利を、信じろ。

同じ著者の作品

オレたち花のバブル組

池井戸潤

絶好調ドラマ『半沢直樹』(堺雅人主演)原作本第2弾! 東京中央銀行のバブル入行組・半沢直樹に押しつけ…

陸王 第一章試し読み

池井戸潤

【本書は、2016年7月8日配信開始の『陸王』第一章が読める、無料試し読み小冊子です】勝利を、信じろ…

空飛ぶタイヤ

池井戸潤

走行中の大型トレーラーが脱輪し、はずれたタイヤが歩道を歩く若い母親と子を直撃した。トレーラーの製造元…

ロスジェネの逆襲

池井戸潤

失われた10年を生きる若者たちよ! 君は何を失い、何を得るのか。いまこそ逆襲の時

オレたちバブル入行組

池井戸潤

話題沸騰のドラマ『半沢直樹』(堺雅人主演)原作! バブル期に大手銀行に入行し、今は大阪西支店融資課長…

果つる底なき

池井戸潤

「これは貸しだからな。」謎の言葉を残して、債権回収担当の銀行員・坂本が死んだ。死因はアレルギー性ショ…

架空通貨

池井戸潤

女子高生・麻紀の父が経営する会社が破綻した――。かつて商社マンだった社会科教師の辛島は、その真相を確…

最終退行

池井戸潤

現場銀行員による腐敗幹部との誇り高き闘い!リアリティーあふれる長編銀行ミステリー。

銀翼のイカロス

池井戸潤

半沢直樹シリーズ第4弾。東京中央銀行の半沢が経営再建中の帝国航空の500億円の債権放棄を求める再生タ…

花咲舞が黙ってない

池井戸潤

メガバンク誕生前夜、熾烈な合併交渉が進む中、自行のスキャンダルが発覚。跳ねっ返り女子行員が活躍する痛…