新装版 計算機屋かく戦えり【電子版特別収録付き】

価格:2200円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

日本のコンピュータ産業は、米国より10年遅れてスタートした。そこから、どう巻き返して肩を並べる高性能を実現し、民生品では電子立国となりえたのか? 『月刊アスキー』1993年5月号~1995年6月号、および2002年7月号に掲載され好評をはくした、当事者26人へのインタビュー。【電子版特別収録として、70年ぶりに動いた「微分解析機」再生プロジェクトインタビューを収録】・日本最初のコンピュータ・・・・・・岡崎文次・日本独自のコンピュータ素子・・・・・・後藤英一・コンピュータの基礎理論・・・・・・榛澤正男・コンピュータと日本の未来・・・・・・喜安善市・トランジスタの重要性・・・・・・和田弘・国産コンピュータの頂点と池田敏雄・・・・・・山本卓眞・機械式計算機のルーツ・・・・・・内山昭・世界を制覇したヘンミ計算尺・・・・・・大倉健司・日本外務省の超難解暗号機・・・・・・長田順行・タイガー計算器・・・・・・村山武義・弾道計算用機械式アナログ計算機・・・・・・更田正彦・コンピュータ研究と阪大計算機・・・・・・牧之内三郎・最大規模の国家プロジェクト・・・・・・村田健郎・巨大コンピュータに挑戦した三田繁・・・・・・八木基・二進法と塩川新助・・・・・・岸本行雄・数値計算・・・・・・宇野利雄・プログラミング言語とコンピュータ教育・・・・・・森口繁一・国産オペレーティングシステム・・・・・・高橋延匡・オンラインシステム・・・・・・南澤宣郎・電子交換機・・・・・・秋山稔・電子立国と若き官僚・・・・・・平松守彦・IBM側の証人・・・・・・安藤馨・リレー式計算機とカシオミニ・・・・・・樫尾幸雄・トランジスタ式から薄型電卓・・・・・・浅田篤・世界初のマイクロプロセッサ・・・・・・嶋正利・LSIと液晶・・・・・・佐々木正・特別収録 微分解析機再生プロジェクトをめぐって 和田英一氏に聞く

同じ著者の作品

ソーシャルネイティブの時代

遠藤諭

ビンボーでもハッピー? ネット行動とコンテンツ消費で「新しい日本人」をつかめ!