人は皮膚から癒される

価格:1300円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

つねに外界と接し、脳より先に快不快を判断し、わたしたちの行動や心理に強い影響を与えている皮膚。本書では、直接「触れ合う」効能はもとより、ただ「寄り添う」だけで相手を勇気づけたり、元気づけたりするという、皮膚がもつ「癒しの力」の正体に迫る。
さらに、認知症に効果があるといわれるユマニチュードや、セラピューティックケア、タクティールケアなど介護やホスピスの現場で注目されている「触れるケア」の効能についても言及。実際に自分でもできる皮膚から元気になる方法も提案する。

同じ著者の作品

子育てに効くマインドフルネス~親が変わり、子どもも変わる~

山口創

「今、ここ」に意識を向けるマインドフルネスで、子育てが楽になり、心も脳も強くなる――親と子どもででき…

皮膚感覚の不思議 「皮膚」と「心」の身体心理学

山口創

「皮膚」と「心」の意外な関係。なぜ、くすぐる仕草をされるだけでもくすぐったい? ツボ押しは痛いのに、…

子供の「脳」は肌にある

山口創

「心」はどう育てたらよいのか――。どんな親でも抱く思いに、身体心理学者が最新の皮膚論を駆使して答える…

皮膚は「心」を持っていた!

山口創

イライラ、不安、リラックス…不機嫌、上機嫌の理由は「皮膚」にある!? 「第二の脳」ともいわれる皮膚は…

腸・皮膚・筋肉が心の不調を治す

山口創

身体は考えている!心を脳まかせにしない!「腸・皮膚・筋肉」が、心の領域にどれだけ大きく作用しているか…

皮膚という「脳」

山口創

音を聴き、光を捉え、気配を感じる…。皮膚を「露出する脳」である喝破した著者が導き出した結論は、「五感…