一億総貧困時代

星:35(12)

価格:1260円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

性的虐待の果て、父親の子どもを産んだ女性。長年の介護生活の果て、両親とともに死のうと川に車で突っ込み、娘だけが生き残った「利根川一家心中事件」。介護離職から路上へ、そして支援者となった男性――。ごく一部の富裕層を除き、多くの人々にとってすでに他人事ではない「貧困/自己責任大国」日本の現実とその構造を、さまざまな「当事者」たちへの取材を通して、平易な言葉であぶり出す。疲弊する個人と社会に、今、どんな処方箋がありうるのか。<貧困問題>を10年以上にわたりさまざまな角度から追ってきた著者による、いままさに、切実な1冊。超格差・超高齢化社会の中で、今後、必然的に<弱者>となる多くの私たちは、どう生き抜くことができるのか? 奨学金、ブラック企業、性産業、そして原発事故や外国人労働者問題など、現代のこの国に潜む、あらゆる「貧困」に斬り込んだ渾身の一冊。

レビュー

星:30

2017-10-12

http://www.shueisha-int.co.jp/archives/3874 ,
http://shueisha-int.co.jp/amamiya/

星:40

2017-09-15

この本を読むまでは『一億総貧困時代』というタイトルにピンとこなかった。決して裕福ではないけど私は自分は貧しいと思う生活をしているとは思ったことがないからだと思う。人間は産まれた時はみんな平等という人もいるだろうが 子供は親を選べないしある程度大きくなるまでの環境は子供にはどうすることも出来ないと思います。その後の努力をしないで不満ばかり言うのはどうかと思うけれど この本を読み終えてやはり平等とはいえないかな?と感じました。だったらもう自分自身で納得出来る生き方をした方が満足出来るのではないでしょうか...

星:40

2017-04-17

雨宮処凛の本は好き。
日本人はたしかに貧しくなっていってるよね。
貧困率は上昇してる。

それなのに、公園や橋の下からはホームレスを追っ払ったので、「ホームレス」と定義される人の数は、かなり減っている、という矛盾。

追っ払われたホームレスたちは今どこにいるのか?

同じ著者の作品

ともだち刑

雨宮処凛

中学のバレー部に、顧問教師の勧誘で入部してきた「あなた」に私は憧れ、一緒に帰宅できるともだちになれた…

バンギャル ア ゴーゴー

雨宮処凛

家にも学校にも居場所がない中学生のえりの心の拠り所は、大好きなヴィジュアル系バンド。札幌のライヴハウ…

排除の空気に唾を吐け

雨宮処凛

事件・犯罪の背景には「社会の病」がある。急速に進む「派遣切り」、餓死、無差別殺人など、事件・犯罪の背…

右翼と左翼はどうちがう?

雨宮処凛

命懸けで闘い、求めるのはどちらも平和な社会。なのに仲良くできないのはなぜ? 両方の活動を経験した著者…

生き地獄天国 ――雨宮処凛自伝

雨宮処凛

自殺未遂、新右翼団体、愛国パンクバンド時代……。不安定雇用者問題のルポで脚光をあびる著者、魂の自伝。

EXIT

雨宮処凛

リストカット、摂食障害、PTSD……。自傷系サイトを漂う私たちの孤独、そして狂気。ひきこもる若者たち…

生きのびろ!

雨宮処凛

これからお金がなくても生きのびていく方法をさぐるため、「タダに近いお金で世界を変える」8人に取材を刊…

生きさせろ!

雨宮処凛

自己責任の名のもとに私たちを使い捨てる社会に、企業に、反撃を開始する! この国の生きづらさの根源を「…