人生を愉しむ知的時間術

星:35(37)

価格:463円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

「忙しくて休むヒマがない・・・・・・」と嘆くあなた、いつも時間に追われる生活をしていませんか。ちょっと生き方の発想を変えれば、誰でも「ゆとり」ある人生を愉しむことができるのです。本書は、著者が日常のなかで体得した“生き方のヒント”を綴ったエッセイ。頭を切り換える儀式の効用、車中の時間の意外な過ごし方、心豊かな余暇のスタイル・・・・・・etc. 役に立つ知的アドバイス。

同じ著者の作品

こうやって、考える。

外山滋比古

「無意識を使いこなす」「着想を古典化する」など、これまでの膨大な著作から、発想力を鍛えるためのヒント…

文章を書くこころ

外山滋比古

知的で味わい深く、読み手に感動を与える文章を書くには、何を心がければよいのか。文章上達の基本を“技巧…

親は子に何を教えるべきか

外山滋比古

“三つ子の魂、百まで”の通り、幼児期からの家庭教育は、一人の人間形成にとって重要な意味を持つ。本書は…

子育ては言葉の教育から

外山滋比古

こどもの最初のことばの先生は、お母さんである。本書は、幼児教育でもっとも重要と言えることばの教育を中…

頭のよい子は「ことば」で育つ

外山滋比古

お母さんからの愛のあるやさしいことばによって、幼児期の子どもに豊かな心と知能が育まれます。お母さんは…

逆説の生き方

外山滋比古

東大生・京大生に一番読まれた本の著者が、幸福にとって何が欠かせないか明快に伝授。いわく「前列人間より…

消えるコトバ・消えないコトバ

外山滋比古

自分中心主義の人が増え、社会に冷静な秩序が失われていると感じる著者が、客観思考のできるアウトサイダー…

「長生き」に負けない生き方

外山滋比古

「長生き」に不安という人の割合は9割にも! これは生命保険会社が20代~60代の1000人近くに対し…

ものの見方、考え方

外山滋比古

『思考の整理学』の著者の目には、世の中はどう映っているのか? 読む、書く、発想するなど身近な事柄を題…

日本語は泣いている

外山滋比古

ことばの美しさを追求していた著者が、変な日本語、おかしな造語が横行する現代に問う。