花しぐれ 御薬園同心 水上草介

星:35(4)

価格:1395円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

草花栽培、生薬精製につとめる御薬園同心・水上草介。のんびり屋で、吹けば飛ぶような体躯から「水草さま」と呼ばれ、親しまれ、様々な人たちの心身を癒してきた。そんななか、漢方蘭方融合の施術を行う園内の養生所を快く思わない目付け役人と、蘭方医・河島の間で事件が起こり、草介は事態の収拾に奔走。医学を学びに紀州へ旅立つ日も近づき、様々な想いが押し寄せるなか、園を預かる芥川家のお転婆娘・千歳との関係にも踏み出せないでいた草介は・・・・・・。幕末の江戸を舞台に繰り広げられる、青春時代小説シリーズ最終刊、感動の結末!

同じタイトルの作品

柿のへた 御薬園同心 水上草介

梶よう子

水上草介は、薬草栽培や生薬の精製に携わる小石川御薬園同心。人並み外れた草花の知識を持つものの、のんび…

桃のひこばえ 御薬園同心水上草介

梶よう子

手足がひょろりと長く、吹けば飛ぶような体躯の御薬園同心、水上草介。名は体とついた綽名が「水草どの」。…

同じ著者の作品

葵の月 (角川ebook)

梶よう子

将軍の継嗣・家基の突然の死。書院番の男は、許婚を残して失踪した──。それから三年。月は、人々の心の影…

北斎まんだら

梶よう子

信州小布施の豪商、高井家の惣領息子・三九郎は、かの有名な絵師の葛飾北斎の弟子になるために江戸へやって…

お伊勢ものがたり 親子三代道中記

梶よう子

わけありの武家の女三人と頼りない案内人(御師)の、江戸から伊勢への珍道中。道中でのいくつもの出会いが…

みちのく忠臣蔵

梶よう子

お江戸日本橋で、元盛岡藩士が切腹した。そこには長年にわたって確執のある弘前藩を弾劾する高札が掲げてあ…

商い同心 千客万来事件帖

梶よう子

高すぎる値段の裏に謎がある――江戸の町でモノの値段を見張る役目の同心が、人情と算盤で事件を解決!新機…

ふくろう

梶よう子

将軍世嗣の住まいである西丸の書院番に引き立てられ心浮き立つ伴鍋次郎だが、両親はなぜか狼狽する。町で会…

ヨイ豊

梶よう子

元治2年(1865)、清太郎の師匠・三代豊国の法要が営まれる。広重、国芳と並んで「歌川の三羽烏」と呼…

立身いたしたく候

梶よう子

「おまえはなにを求めて武家の養子に入ったのだ」幕末前夜の江戸。瀬戸物屋の五男坊に生まれた駿平は、百五…

迷子石

梶よう子

気がついたらお家騒動のまっただ中

五弁の秋花―みとや・お瑛仕入帖―

梶よう子

掘り出しもの、訳アリ品が、秘めた縁と思いをあぶり出す。何でも三十八文、江戸の「百均」繁盛記!