あのころのパラオをさがして 日本統治下の南洋を生きた人々

星:50(2)

価格:1224円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

第二次大戦以前、日本の植民地だったパラオ。そこには「南洋庁」という役所があり、日本からの移民と現地島民が織りなす「暮らし」がたしかにあった――。当時パラオに赴任した作家・中島敦の小説をきっかけに、著者が当時の南洋諸島に興味を持ち、実際にパラオへ赴き、日本統治時代を知るお年寄りを訪ねて、当時のエピソードを収集した歴史ルポルタージュ。著者はパラオだけでなく、パラオからの帰国者が集団で移住した宮城県蔵王町の北原尾や、宮崎県小林市の環野にも赴いて、当時の証言を集めた。戦中派が世を去って歴史の記憶が薄れる今こそ、広い世代に読まれるべき貴重なエピソードが詰まった一冊。

同じ著者の作品

評伝 川島芳子 男装のエトランゼ

寺尾紗穂

「男装の麗人」は日中のはざまで不器用にもがいた男装の麗人とも、東洋のマタ・ハリとも呼ばれたその数奇な…

原発労働者

寺尾紗穂

●炉心屋は真夜中にデータを改竄●ボヤは消さずに見て見ぬふり●アラーム・メーターをつけていたら仕事にな…

愛し、日々

寺尾紗穂

透明感あふれる清冽な歌声と類稀な詩世界の鋭さ、美しさで今最も注目されるシンガー・ソングライター、寺尾…