聴導犬のなみだ ― 良きパートナーとの感動の物語 

価格:1300円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

あなたは、捨てられた犬と人との奇跡を信じますか?

耳が聞こえない人のお手伝いをする聴導犬の想い・・・・・・
この本を読めば「人生っていいな」と幸せな気持ちに。

数々のテレビ番組で紹介され、大反響
詳しい物語がついに書籍化

【著者紹介】
野中圭一郎(のなか・けいいちろう)

熊本県生まれ。東北大学文学部卒業後、大手洋酒メーカーに入社。広報部で、PR誌などを担当した後、出版社へ。書籍編集部で、恋愛や人生エッセイ、タレント本やテレビとも連動企画など数多くの話題作を手掛けた後、独立。現在に至る。

【目次より】
はじめに
Ⅰ◆犬
1.「ぼくの耳は大きいの」
2.ミミへの最初で最後の後悔
3.理想の聴導犬ブランカの大胆さ
Ⅱ◆訓練士
4.バイトをしながら夢を追う青年
5.聴導犬になれなかったあづね
6.ジェイが訓練士を育てた
Ⅲ◆ユーザー
7.バトンタッチしたレオン引退の日
8.孫のようなあみとさよならした老人
9.鳥の鳴き声を教えてくれたあみのすけ
おわりに

同じ著者の作品

結婚まで意識した彼と別れた。でもそれはけっして絶望ではない

野中圭一郎

【はじめに】より抜粋この本を手に取られているということは、結婚まで意識した彼と別れたばかりかもしれま…

長くつきあった彼と別れたあなたへ

野中圭一郎

長くつきあった人と別れ、前に進めずにいる――本書は、そんなあなたの背中をそっと押してくれる本です。