「きたない子育て」はいいことだらけ!

価格:1700円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

アレルギー、ぜんそく、アトピー、肥満、炎症性腸疾患、うつ、ADHD・・・・・・
すべて腸内細菌のしわざだった!

哺乳瓶は殺菌しない、食器は適当に洗う、昆虫に触ってもすぐ洗わない、
犬のよだれはアレルギー予防になる、などなど驚きの新事実が満載。
腸内環境を豊かにし、子どもを心身ともに強くする科学的育児法!

【著者紹介】
ブレット・フィンレー
B.Brett Finlay,PhD.
カナダのブリティッシュ・コロンビア大学教授。バクテリア感染に関する世界的権威。30年に及ぶ微生物研究で、450本の論文を発表する一方で、バイオテクノロジーベンチャーのInimex、Vedanta、Microbiome Insightsの創業者でもある。カナダの民間人が受けることのできる最高位の勲章、Order of Canadaの受勲者。

マリー=クレア・アリエッタ
Marie-Claire Arrieta,PhD.
カナダのカルガリー大学准教授。腸内細菌と免疫についての研究者。最近の乳児のぜんそくと重要腸内細菌群欠如についての研究は、2015年にこの分野のブレークスルーとして注目され、世界中のメディアで取り上げられた。これまでにGastroenterology、PNAS、Science Translational Medicineなど、主要な学術誌に論文を発表している。

【目次より】
◆第1部 わたしたちは微生物でできている
1章 微生物と触れ合う子どもたち
2章 ヒト・マイクロバイオームとは何か

◆第2部 子育てと微生物
3章 妊娠:何を食べるべきか
4章 出産:微生物にまみれてこんにちは
5章 母乳と微生物
6章 離乳食:健康人生を決める食習慣
7章 抗生物質:マイクロバイオータへの絨毯爆撃
8章 ペットを味方につける
9章 「清潔習慣」病が子どもを弱くする

◆第3部 微生物と病気
10章 肥満:現代の流行病
11章 糖尿病:子どもの患者が増えている
12章 腸の病気:腸にとって受難の時代
13章 ぜんそくとアレルギー:微生物が呼吸を楽にする
14章 マイクロバイオータと脳
15章 ワクチンに対する正しい理解
16章 微生物を薬に