母性のディストピア

星:45(3)

価格:2777円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

宮崎駿、富野由悠季、押井守――戦後アニメーションの巨人たちの可能性と限界はどこにあったのか? 宮崎駿論4万字、富野由悠季論10万字、押井守論10万字の作家論を中核に、アニメから戦後という時代の精神をいま、総括する。そして『シン・ゴジラ』『君の名は。』『この世界の片隅に』ーー現代のアニメ・特撮が象徴するさまよえるこの国の想像力はどこにあるのか? 『ゼロ年代の想像力』『リトル・ピープルの時代』とその射程を拡大してきた著者の新たな代表作にして、戦後サブカルチャー論の決定版。

同じ著者の作品

リトル・ピープルの時代

宇野常寛

「歴史」や「国民国家」のような「大きな物語」(ビッグ・ブラザー)で自分の生を意味づけることができなく…

楽器と武器だけが人を殺すことができる

宇野常寛

気鋭の評論家が「いま一番語りたい作品」を論じる批評集

原子爆弾とジョーカーなき世界

宇野常寛

AKB48、マンガ、映画、ドラマ。気鋭の評論家による最新コンテンツ批評

日本文化の論点

宇野常寛

私たちは今、何に魅せられ、何を想像/創造しているのか。私たちの文化と社会はこれからどこへ向かうのか。…

ゼロ年代の想像力

宇野常寛

文学、アニメ、ゲームからTVドラマまで、2000年代の文化状況を包括して論じ新しい批評を示した話題の…