あなたがスマホを見ているとき、スマホもあなたを見ている。

価格:1300円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

しっかり立ち止まり、ぼんやり考えよう

芥川賞作家による讀賣新聞の人気連載が一冊の本に!
ありふれた日々の暮らしにスパイスを振りかける珠玉のエッセイ69選

【著者紹介】
藤原智美(ふじわら・ともみ)
1955年、福岡市生まれ。
フリーランスのライターを経て、90年に『王を撃て』で小説家としてデビュー。
『運転士』で第107回芥川賞受賞。
小説創作とともに『暴走老人!』『スマホ断食』などのノンフィクションを発表し、
新聞、雑誌でのエッセイ連載を行うなど、幅広く活躍する。

【目次より】
◆1章 披露宴2次会、新婦がひとりスマホに見入る。

◆2章 マドリードでもバンコクでも東京でも、
同じシャツを着ているって、世界中どうかしている。

◆3章 公衆電話ってなんですか、と二十歳の女子が真顔できく。

◆4章 昼下がりの駅からのどかさがなくなり、
傘を素振りするゴルフおやじも消えたこの頃。

◆5章 人混みが嫌いだといいつつ、群れのなかに加わる安心感。

同じ著者の作品

なぜ、その子供は腕のない絵を描いたか

藤原智美

腕を描き忘れる!四角い川を描く!目をつぶれない!『暴走老人!』の芥川賞作家が戦慄した、幼児たちの実像…

「家をつくる」ということ

藤原智美

家族をつなぎとめ、来客と談笑するはずのリビングは空虚にテレビが映るだけ。子どもたちは子ども部屋という…

家族を「する」家

藤原智美

夫婦の寝室を住まいの基本軸に! 家族と住まいの関係に独自の視点をあたえて、ベストセラーを生んだ著者だ…

文は一行目から書かなくていい ― 検索、コピペ時代の文章術

藤原智美

電子メディア隆盛のいま、何をテーマに、どうのように書くか。芥川賞作家・藤原智美が、プロのすべてを伝え…

スマホ断食 ネット時代に異議があります

藤原智美

1日2時間以上“スマホ”をいじっている人は要注意!芥川賞作家によるネット社会批判。

暴走老人!

藤原智美

役所の受付で書類の不備を指摘され突然怒鳴り始める。コンビニで立ち読みを注意されて逆ギレし、チェーンソ…

運転士

藤原智美

時刻ヨーシ、方向切替ヨーシ、発車。電車はスピードを急速に上げ、間もなく軌道が緩やかに下り始め、徐々に…

検索バカ

藤原智美

考える前に「検索」、自分の意見より「空気を読む」…情報通はバカになる! 私たちは「考える力」を再生で…