双塔の谷の気高き死闘 (サムライ伝 第二部 シモン編)(4)

価格:150円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

トマスへの拝謁を終え西方の大都市サラマンディアへと帰還した蠍座の使徒・マティアのもとを、蟹座の使徒・バルトロマイと天秤座の使徒・マタイが訪問する。マティアがトマスから得た神の子の情報と引き換えに、バルトロマイは砂漠で見つかった「鉄の鳥」--空を飛ぶ機械が明日にも飛行可能だと告げた。マティアは自ら鉄の鳥に乗り込み、ゴモドへ向かうという。そこは神の子が次に現れるはずの島だった。
一方、暗闇の洞窟を進む雷電とミナは、渓谷の底で巨大な石彫の顔に遭遇した。その名は「スフィンクス」というらしい。訝る雷電とミナがようやく洞窟を抜けると、そこには王冠のような髪飾りをつけた人物が、二人を待ち構えていた。

同じタイトルの作品

双塔の谷の気高き死闘 (サムライ伝 第二部 シモン編)(5)

浅倉卓弥

「双子座の申し子」を名乗る男とも女ともつかぬ使者に導かれて、雷電とミナは双子座の使徒・シモンの居城へ…

双塔の谷の気高き死闘 (サムライ伝 第二部 シモン編)(6)

浅倉卓弥

「双子座の申し子」を名乗る男とも女ともつかぬ使者に導かれて、雷電とミナは双子座の使徒・シモンの居城へ…

同じ著者の作品

サムライ伝

浅倉卓弥

『四日間の奇蹟』『君の名残を』の衝撃再び。浅倉卓弥が四年間の沈黙をついに破る。舞台は異世界。主人公は…

北緯四十三度の神話

浅倉卓弥

姉・菜穂子、大学助手(28)。妹・和貴子、ラジオ局DJ(27)。2人の距離を遠くしたのは大切な人の死…